人権・民主主義

中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか! (朝香 豊)

5G技術を使った市民監視用のロボット警官が上海の南京路に登場した。

4つの広角HDカメラ、ズームHDカメラ、赤外線サーモグラフィを搭載し、死角なく全方位監視が可能で、顔認証機能も備えている。現場の写真をリアルタイムで警察に送信できる。

力で押さえつけないと共産党の統治が難しくなっている中で、過剰反応をして国民の反発をさらに招いているようだ。

携帯電話で北京に行くと話しただけで、事情聴取のために警官がやってきたと語る人権活動家もいる。

なお、このロボット警官の動きを撮影した動画は以下から見ることができる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

    返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  4. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
PAGE TOP