人権・民主主義

中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか! (朝香 豊)

5G技術を使った市民監視用のロボット警官が上海の南京路に登場した。

4つの広角HDカメラ、ズームHDカメラ、赤外線サーモグラフィを搭載し、死角なく全方位監視が可能で、顔認証機能も備えている。現場の写真をリアルタイムで警察に送信できる。

力で押さえつけないと共産党の統治が難しくなっている中で、過剰反応をして国民の反発をさらに招いているようだ。

携帯電話で北京に行くと話しただけで、事情聴取のために警官がやってきたと語る人権活動家もいる。

なお、このロボット警官の動きを撮影した動画は以下から見ることができる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    “Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  3. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)

    「現代言語学の父」 として広く知られるノーム・チョムスキー教授…

  4. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国LA領事館でもセクハラ! 懲戒手続きは進まず!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    共和党グリーン議員が委員会から放逐! 過去のQアノン支持はダメなのか?(朝香 豊…
  4. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)
  5. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊…
PAGE TOP