安全保障

台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

1月の総統選挙で民進党に敗北した、台湾の国民党の主席に、若手の江啓臣氏が新たに選出された。

今回注目されるのは、江氏が中国に融和的な立場を否定したことだ。

江氏は、台湾の人々が中国共産党に疑念を持つようになり、大陸との関係を改めて定義する時期に来ていると主張し、中台は不可分とする「92年合意」の見直しに言及していた。

この江氏が、党員対象の選挙で68%の得票率で、圧倒的に支持されたのだから、中国共産党が青ざめるのは当然だ。

現在厳しい対中姿勢を明確にし、新型コロナウイルス対策を先手先手で進めて、台湾国民の信任が急上昇している蔡英文総統の動きに、国民党も巻き込まれた側面もあるだろう。

江氏の当選を受けて、中国政府は、「両岸関係の懸け橋として台湾海峡の平和と安定を守り、同胞のために努力することを希望する」という談話を発表するにとどめ、恒例となっていた新主席に対する祝電を送らなかった。

さて、安倍政権には、台湾の蔡英文政権の決然とした動きや情報線の戦い方をぜひ見習ってもらいたい。

正しいことを果敢に選び、そのことをしっかりと広報し、デマ情報にも的確に対応する力強さを発揮すれば、中国共産党の影響力が日本と比較できないほど強い台湾においても、こういう流れを作っていくことができるわけだ。

これは日本人を勇気づける話ではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200308/wor2003080013-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/200308/wor2003080013-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  2. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

    米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏…

  3. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の親…

  4. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CN…

  5. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

  6. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 …
  2. 道理

    BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!
  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
PAGE TOP