安全保障

台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

1月の総統選挙で民進党に敗北した、台湾の国民党の主席に、若手の江啓臣氏が新たに選出された。

今回注目されるのは、江氏が中国に融和的な立場を否定したことだ。

江氏は、台湾の人々が中国共産党に疑念を持つようになり、大陸との関係を改めて定義する時期に来ていると主張し、中台は不可分とする「92年合意」の見直しに言及していた。

この江氏が、党員対象の選挙で68%の得票率で、圧倒的に支持されたのだから、中国共産党が青ざめるのは当然だ。

現在厳しい対中姿勢を明確にし、新型コロナウイルス対策を先手先手で進めて、台湾国民の信任が急上昇している蔡英文総統の動きに、国民党も巻き込まれた側面もあるだろう。

江氏の当選を受けて、中国政府は、「両岸関係の懸け橋として台湾海峡の平和と安定を守り、同胞のために努力することを希望する」という談話を発表するにとどめ、恒例となっていた新主席に対する祝電を送らなかった。

さて、安倍政権には、台湾の蔡英文政権の決然とした動きや情報線の戦い方をぜひ見習ってもらいたい。

正しいことを果敢に選び、そのことをしっかりと広報し、デマ情報にも的確に対応する力強さを発揮すれば、中国共産党の影響力が日本と比較できないほど強い台湾においても、こういう流れを作っていくことができるわけだ。

これは日本人を勇気づける話ではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200308/wor2003080013-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/200308/wor2003080013-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)

    香港では、デモ行進の件で警察との交渉を終えて、警察署を出た3分…

  5. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    韓国の「市民」団体が過去の南北対立時代の悲劇で米国を非難! アメリカに対するケン…
  3. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  5. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)
PAGE TOP