経済

北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ司法省は、北朝鮮のハッカー集団によって盗まれた1億ドル以上の仮想通貨を資金洗浄した疑いで、中国人2人を起訴した。

北朝鮮のハッカー集団が窃盗した2億5000万ドル相当の仮想通貨のうち、2人は1億ドルを受け取り、複数回の中国国内の銀行送金を通じて資金の出所を曖昧にする手口で資金洗浄を行った。

最終的には、人民元やアップルのギフトカードにしていたようだ。

アメリカ財務省は2人の国内資産を凍結し、アメリカ人との取引を禁止した。

さて、今回の事件は直接的には2人の中国人を問題の対象としているように見えるが、恐らくアメリカ政府の本当の狙いは、その背後で資金洗浄に関わった中国の銀行ではないだろうか。

つまり、中国の銀行に対して、北朝鮮の資金洗浄を幇助するようなことを今後もやるなら、国際決済システムから排除するぞという警告が発せられていると見たほうがいい。

2005年にやはり北朝鮮の資金洗浄に関わっていたとして、マカオにあるバンコ・デルタ・アジアという銀行がアメリカから厳しい制裁を受けたことを、覚えている人もいるだろう。

こうしたことを理由としながら、アメリカが中国の金融システムを、徐々にグローバルなネットワークから切り離していくことも、想定しておいたほうがいいだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52434.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    民主派の「予備選」が「国家安全法」違反だって! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  3. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  4. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

  5. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  3. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
PAGE TOP