安全保障

アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフリカ諸国の政府高官たちは、政府庁舎内部で中国のスパイ活動に遭っているのではないかと、ヘリテージ財団のレポートが警告している。

アフリカ諸国の政府庁舎は中国企業が建設していることが多い。

少なくとも186の政府庁舎が中国企業によって建設され、高い機密性が求められる政府内通信網もすくなくとも14は中国企業が整備した。

なお、実数はこれをかなり上回ると考えられている。

アフリカ諸国の連合体である「アフリカ連合」の本部はエチオピアにあるが、この本部ビルに中国が盗聴器を仕掛け、アフリカ連合に設置してあるサーバーから毎晩上海にデータを密かに送っていたことを、フランス紙のル・モンドが、すでに2018年1月に報じていた。

アフリカ連合内のサーバはファーウェイが設置したもので、アフリカ連合の建物は中国国営の「中国建築」(China State Construction Engineering Corporation)が行った。

ル・モンドが報道した3日後に、イギリス紙のフィナンシャル・タイムズがル・モンド報道を確認した。

ここまでバレながらも、中国政府はこの件を馬鹿げた陰謀話で、中国とアフリカとの友好関係を傷つけようと狙ったものだと一蹴した。

だが、ヘリテージ財団の上級政策アナリストのメサーベイ氏は、逆にこのアフリカ連合の話は氷山の一角ではないかと見ている。

というのは、中国が請け負っている政府庁舎建設事業が採算割れを起こすような価格でなされてきたからだ。

これは深刻な問題だ。

アフリカ政府が立てる戦略が中国に筒抜けになるとか、アフリカの要人が中国に弱みを握られるという話だけではない。

たとえば日本政府の関係者がアフリカ諸国を訪問して様々な提案を行ったとしても、それすら中国に筒抜けになるわけだ。

そして、そうした話の中には、日米がどう連携しようとしているのかといった話も、時には含まれてくるだろう。

これは看過できない。

日本政府は、アフリカの政府庁舎に盗聴器が仕掛けられているかかどうかの点検を、無償援助で行うことはできないだろうか。

そして、アフリカにこうしたチームを派遣する前に、まずは日本の政府庁舎で事前演習を行うことも併せて提案したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のVOAの記事
https://www.voanews.com/east-asia-pacific/voa-news-china/report-chinese-construction-projects-create-opportunity-spy
ネタ元のヘリテージ財団のレポート
https://www.heritage.org/sites/default/files/2020-05/BG3476.pdf
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/8/84/African_Union_Conference_Centre_building.jpg/715px-African_Union_Conference_Centre_building.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在中…

  2. 経済

    中国の国策金融機関の社債が大暴落! 崩れる中国経済!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊)

    アメリカはギリシャ北部のアレクサンドルーポリ港の民営化に積極的…

  5. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝…
  4. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国検察が国務総理室を家宅捜索! 大統領府の市長選介入疑惑で!(朝香 豊)
PAGE TOP