安全保障

アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフリカ諸国の政府高官たちは、政府庁舎内部で中国のスパイ活動に遭っているのではないかと、ヘリテージ財団のレポートが警告している。

アフリカ諸国の政府庁舎は中国企業が建設していることが多い。

少なくとも186の政府庁舎が中国企業によって建設され、高い機密性が求められる政府内通信網もすくなくとも14は中国企業が整備した。

なお、実数はこれをかなり上回ると考えられている。

アフリカ諸国の連合体である「アフリカ連合」の本部はエチオピアにあるが、この本部ビルに中国が盗聴器を仕掛け、アフリカ連合に設置してあるサーバーから毎晩上海にデータを密かに送っていたことを、フランス紙のル・モンドが、すでに2018年1月に報じていた。

アフリカ連合内のサーバはファーウェイが設置したもので、アフリカ連合の建物は中国国営の「中国建築」(China State Construction Engineering Corporation)が行った。

ル・モンドが報道した3日後に、イギリス紙のフィナンシャル・タイムズがル・モンド報道を確認した。

ここまでバレながらも、中国政府はこの件を馬鹿げた陰謀話で、中国とアフリカとの友好関係を傷つけようと狙ったものだと一蹴した。

だが、ヘリテージ財団の上級政策アナリストのメサーベイ氏は、逆にこのアフリカ連合の話は氷山の一角ではないかと見ている。

というのは、中国が請け負っている政府庁舎建設事業が採算割れを起こすような価格でなされてきたからだ。

これは深刻な問題だ。

アフリカ政府が立てる戦略が中国に筒抜けになるとか、アフリカの要人が中国に弱みを握られるという話だけではない。

たとえば日本政府の関係者がアフリカ諸国を訪問して様々な提案を行ったとしても、それすら中国に筒抜けになるわけだ。

そして、そうした話の中には、日米がどう連携しようとしているのかといった話も、時には含まれてくるだろう。

これは看過できない。

日本政府は、アフリカの政府庁舎に盗聴器が仕掛けられているかかどうかの点検を、無償援助で行うことはできないだろうか。

そして、アフリカにこうしたチームを派遣する前に、まずは日本の政府庁舎で事前演習を行うことも併せて提案したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のVOAの記事
https://www.voanews.com/east-asia-pacific/voa-news-china/report-chinese-construction-projects-create-opportunity-spy
ネタ元のヘリテージ財団のレポート
https://www.heritage.org/sites/default/files/2020-05/BG3476.pdf
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/8/84/African_Union_Conference_Centre_building.jpg/715px-African_Union_Conference_Centre_building.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  5. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米商…

  6. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    アメリカの FOX NEWS が中国の臓器刈りについて、8分に及ぶ特集を放送!(…
  2. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)
  4. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  5. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝…
PAGE TOP