経済

中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国での携帯電話の契約数が1〜2月で大幅に減少している。

中国の3大携帯電話会社の数字を1つずつ見ていこう。

「中国移動」(チャイナモバイル)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約810万人である。

「中国電訊」(チャイナテレコム)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約510万人である。

「中国聯通」(チャイナユニコム)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約690万人である。

3社の1〜2月のユーザー減少数の合計はおおよそ2000万人ということになる。

ここから、一部で中国国内での新型コロナウイルスによる死者は実は2000万人だという噂もあるようだ。

なお、3社はともに2019年中は、ほぼ毎月ユーザー数を伸ばしていた。

もう少し詳しく見ると、「中国移動」と「中国電訊」は、2019年中は毎月ユーザー数を伸ばしていた。

「中国聯通」は2019年の10月からユーザー数が減少傾向に入ったが、2019年の9月までは毎月伸びていた。

掲載したグラフは、「中国移動」の毎月のユーザー数が、前月に比べてどれだけ増減したかを示したものである。

ちなみに1月のユーザー数の減少の合計は約160万人にとどまり、大半の減少は2月に発生している。

生活の変化を感じ取って、2台持ちだったユーザーが1台を解約したといったこともあるかもしれない。

経営環境の変化から、企業が法人契約を一気に取りやめたということもあるのかもしれない。

2000万人全部が新型コロナウイルスで亡くなったということは、さすがにないだろうとは思う。

ただ、人口では中国の1/20もないイタリアでの新型コロナウイルスの死者数が、中国での公式の死者数をすでに上回っているという事態を、そのまま素直に受け入れることは難しいのではないか。

仮に中国の公式の死者数がほぼ正確であるとしても、中国にはとんでもないことが起こっているということには変わりがない。

中国経済に大きな異変が起こっていて、それが携帯電話の契約数にも大きく表れてきたと見ないと、辻褄が合わないのだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDigiAnalysisの記事
https://www.digianalysys.com/coronavirus-impact-chinas-mobile-base-decreases-by-19-6-mn/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53457.html
画像も同記事から
https://i.ytimg.com/vi/wtjtAZU42SU/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  2. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)

    格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、韓国企業…

  3. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)
  3. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)
  4. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)
  5. 韓国・北朝鮮

    親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)
PAGE TOP