経済

中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国での携帯電話の契約数が1〜2月で大幅に減少している。

中国の3大携帯電話会社の数字を1つずつ見ていこう。

「中国移動」(チャイナモバイル)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約810万人である。

「中国電訊」(チャイナテレコム)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約510万人である。

「中国聯通」(チャイナユニコム)のこの2ヶ月のユーザー数の減少の合計は約690万人である。

3社の1〜2月のユーザー減少数の合計はおおよそ2000万人ということになる。

ここから、一部で中国国内での新型コロナウイルスによる死者は実は2000万人だという噂もあるようだ。

なお、3社はともに2019年中は、ほぼ毎月ユーザー数を伸ばしていた。

もう少し詳しく見ると、「中国移動」と「中国電訊」は、2019年中は毎月ユーザー数を伸ばしていた。

「中国聯通」は2019年の10月からユーザー数が減少傾向に入ったが、2019年の9月までは毎月伸びていた。

掲載したグラフは、「中国移動」の毎月のユーザー数が、前月に比べてどれだけ増減したかを示したものである。

ちなみに1月のユーザー数の減少の合計は約160万人にとどまり、大半の減少は2月に発生している。

生活の変化を感じ取って、2台持ちだったユーザーが1台を解約したといったこともあるかもしれない。

経営環境の変化から、企業が法人契約を一気に取りやめたということもあるのかもしれない。

2000万人全部が新型コロナウイルスで亡くなったということは、さすがにないだろうとは思う。

ただ、人口では中国の1/20もないイタリアでの新型コロナウイルスの死者数が、中国での公式の死者数をすでに上回っているという事態を、そのまま素直に受け入れることは難しいのではないか。

仮に中国の公式の死者数がほぼ正確であるとしても、中国にはとんでもないことが起こっているということには変わりがない。

中国経済に大きな異変が起こっていて、それが携帯電話の契約数にも大きく表れてきたと見ないと、辻褄が合わないのだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDigiAnalysisの記事
https://www.digianalysys.com/coronavirus-impact-chinas-mobile-base-decreases-by-19-6-mn/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53457.html
画像も同記事から
https://i.ytimg.com/vi/wtjtAZU42SU/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フェ…

  2. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  3. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  4. 中国

    中国で焚書が進んでいる! こっそりやれとの指示も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (朝香 豊)

    中国の国家発展改革委員会と銀行保険監督管理委員会は共同声明を発…

  6. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)
  3. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  4. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「当確報道はいらない」と共産・志位委員長! この危険な発想を見落とすな!(朝香 …
PAGE TOP