安全保障

アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの安全保障に最も脅威を与えているのはロシアであり、中国ではないとの認識を、民主党の大統領選挙の候補であるジョー・バイデンが示した。

中国は最大の競争相手であり、我々がどう扱うかによって、競争相手でとどまるのか、武力的な意味を含めての深刻な競争相手となるのかが決まるとした。

この言葉の裏には、適切にうまくやっていくならば、中国は単なる競争相手以上の存在になることはないという考えが含まれていることになる。

バイデンの認識によれば、中国が「一国二制度」の国際的な約束を破り、香港で国家安全法を施行して、法制定前の行動にさかのぼって「罪」を問うようなことをしても、それは脅威に当たらないということになる。

アジアで突出した軍事力を保有して台湾に武力侵攻する構えまで見せていることも、ウイグルなどで行っている深刻な人権侵害も、脅威ではないということになる。

ファーウェイ製品などのネットワーク機器を通じて、スパイ的な情報収集を行っていることも、「千人計画」などを通じてアメリカの知的財産権をどの国よりも圧倒的に盗み取っていることも、脅威ではないということになる。

そして、中国と比べて経済力も軍事力も今やかなり見劣りするロシアのほうが脅威なのだという認識を示す。

そのうえで、アメリカのあり方次第で中国のあり方が変わるという認識をしている。

実に不自然なレベルで中国を擁護する考えを持っているということになる。

これでは中国からお金をもらっていますと言っているようなものではないか。

それでもバイデンは今年の5月に、中国は競争相手だという考えも否定していたので、それに比べれば「改善」しているのかもしれない。(笑)
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のla Prensa Latina Mediaの記事
https://www.laprensalatina.com/biden-says-russia-is-biggest-threat-to-us-china-a-competitor/
Politicoからの引用画像(ジョー・バイデン)
https://static.politico.com/dims4/default/e680638/2147483647/resize/1160x/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fstatic.politico.com%2Fb9%2Fc3%2F54a99abc4bd5832dea2d4cb25ffb%2Fgettyimages-1256156642-773.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!正直…

  3. 安全保障

    明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  4. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    蘇寧易購も国有化! 中国で進む毛沢東回帰路線!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)
  3. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)
  4. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している
  5. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)
PAGE TOP