中国

武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は25日10時30分までで、武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が1330人、死者41人と発表した。

だが、現場の医療関係者は、実際の感染者数は政府の発表よりはるかに超えていると、SNSで相次いで投稿している。

発言内容は投稿者によって違うし、それぞれの数字にどれだけの根拠があるのかはわからない。

パニック状態になっていれば、状況を過大評価してしまう傾向も人間なら避けられないだろう。

それを前提にしてもらいたいが、医療現場から発せられている声を列挙する。

武漢市漢口にいる看護師:9万人の感染者がいる

ある女性医療関係者:医師らの推定では10万人が感染した:多くの患者はすでに手遅れ状態:(医療)物資が足りず、入院させることができない:患者に懇願されても、何もしてあげられない

武漢市の看護師:主人が感染し、8日間も発熱し、CT検査ですでに肺炎にかかっているとわかったが、どの病院にも診断、治療、入院を断られた:病室が足りず、医師も看護師も休日を返上して出勤しているが、人手が足りない:それでも患者は救急車でひっきりなしに運ばれてくる

北京の病院に勤務する大学の後輩から情報を得た在米中国人:460床がある(北京にある)地壇病院は全部埋まった:地壇病院に行ってきた主任は現状が悲惨だと言っている:政府の発表は全くのデタラメで、北京市は情報を封鎖している:武漢市だけで15万人が感染しており、全国の感染者が20万に上っている

湖北航天病院の医師:感染者が10万人を超えている

武漢の専門家からの話を聞いたとする明鏡新聞の何頻氏:感染者が10万〜15万人がいる

湖北省宜昌市の医師:防護服、N95のマスク、保護メガネが(医療現場で)必要だが、病院はすでに調達する能力がない:政府から物資が来ていない:淘宝(ネット通販)からも入手不可能

上記の話を総合すると、中国政府が発表している感染者が1330人というのは全く信頼ができないということになる。

すでに北京の1つの病院の460床も埋まっている状態からして、かなり深刻だと思われる。(460床全部がこの新型肺炎の入院患者が占めているというわけではないのだろうが。)

中国政府の発表の100倍くらいが実際の数字なのかもしれない。

また、医療現場の疲弊ぶりもすさまじいことがわかる。

ネット上には、病院の通路に死者が何人も放置されている動画、突然倒れ込む感染者の動画なども上がっている。

中国政府は遅ればせながら、国内外のツアーの販売を一時停止した。

この強権対応で、日本も幾分なりとも助かることになったかもしれない。

空気感染が疑われる例もあるのだが、一応2メートル以上離れていれば概ね大丈夫ではないかというのが、医療の世界では言われているようだ。

人混みの中に行かない、こまめに手や顔を洗う、マスクをする(ウイルスに汚れた手が口などに無意識に触れるのを防ぐ役割がある)、こまめに水分をとってのどが湿った状態を継続する、眼鏡をかける、十分な睡眠や栄養を取って体力を維持するといった対応を、自衛処置としては考えたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/23/2020012380109.html
これの元ネタとなるブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  4. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  6. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米商…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香…
  2. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)
  4. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    朝日・毎日でも憲法改正賛成派が反対派を上回る! 今こそ憲法改正を思い切って打ち出…
PAGE TOP