安全保障

中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の習近平総書記は、レストランの食べ残しがないように、注文された料理の提供量を減らすことを求めた。

中国では宴会で人数に対して多めの料理を注文する習慣があるが、これを覆すことが求められた。

これには「光盤運動」という名前が付けられたようだ。

食べ物が載っていた皿が空っぽになれば、皿の輝きが戻るという意味だろうか。

これを受けてケータリング業界では「N-1方針」が進められることになった。

団体客から注文を受ける場合には、注文人数から1人分少ない注文にするように求めるのだという。

一見すると習近平総書記の気まぐれのようにも感じられるが、恐らくはそれだけではないだろう。

水害などによる食料供給の悪化が深刻なことが予想される。

食料供給が悪化すれば、食品価格の高騰は避けがたい。

それは庶民の懐を直撃する。

すでに前年同月比で食料品価格は13.2%上昇し、豚肉価格は85.7%上昇したと、中国国家統計局が発表した。

失業者が1億人近くに達していると推計されている中国で、食料を手に入れられない人たちも数多く出てくるだろう。

そもそも中国では穀物の約30%を輸入に頼っている。

ここに食糧難が到来すれば、さらに輸入量を増やさなければならないことになる。

そしてその場合に輸入先として頼らなければならないのは、アメリカである。

このことを国家安全保障上の脅威だと認識しているということだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3299319?act=all&pid=22574224
ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=7762
サンケイビズの引用画像(習近平総書記)
https://www.sankeibiz.jp/images/news/200126/mca2001260839003-p1.jpg
Yahoo!ニュースの引用画像(光盤運動)
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180803-00091687-roupeiro-003-view.png
Y.asakawa.comからの引用画像(長江水害)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/VaNK1HR-rb5f8lj849R_b3b_hIjqY5r6WcBGe-wnAbinA–8mo0TbiJhoQanw5LiqI2h5og_VoAxl5oLvsqoAua4481j8aznDjgXzyhx4I4l5g
大紀元時報からの引用画像(中国の豚肉市場)
https://img.epochtimes.jp/i/2019/11/12/t_cdfotqpygezlf0m0ugws.jpg
エンワールドからの引用画像(アメリカ国旗)
https://oliver-uploads-aus.s3.amazonaws.com/thumbs/500×500/933b7bb0-581c-4dfc-b24a-4b6a23f3ee25.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  3. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグル人権法案可決に猛反発! 中国がアメリカの先住民虐殺を非難!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)
  5. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)
PAGE TOP