安全保障

IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFのゲオルギエバ専務理事は、新型コロナウイルスにより現在世界が直面している経済危機は、2008年から2009年にかけてのリーマン・ショック時の経済危機より深刻であり、前例のない対策を要することになると発言した。

リーマン・ショック時は、中国やインドといった新興国に経済を牽引する力があったが、今回は期待できない。

2020年の世界の経済成長率はマイナスになる見通しで、マイナス1.5%になるとの見通しを立てる者もいる。

今回は多くの政府がすでに尋常ではない財政処置を発表し、中央銀行も金融緩和に踏み切っているが、特に財政においてはもっと大胆な処置が必要になると、ゲオルギエバ専務理事は語った。

さて、日本政府は真水で15兆円の対策をまとめていると報じられているが、これはショボすぎないか。

民間に生じる痛みを政府が吸収することでしか、この危機は乗り切れないのに、政府の痛み(財政赤字の拡大)を心配しているとは、本末転倒だ。

今は、平時ではなく有事だということが、日本の政界や官界では全く意識されていないようだ。

もちろん、規模が大きくなりさえすればいいというわけではない。

どうすれば日本国の将来の安全や成長の強化につなげることができるのか、強い痛みが生じている人々や企業を特に念頭に置いたきめ細かい対応を考えているか、ただそれでも甘えた依存をなるべく少なくするにはどうすればいいのかといった点も、しっかり詰めていくのも大切だ。

こうした総合的な視点で、今回の危機の対応策を、日本政府にはぜひ考えてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のStrait Timesの記事
https://www.straitstimes.com/business/economy/imf-sees-coronavirus-pandemic-causing-global-recession-in-2020-recovery-in-2021
ネタ元のNDTVの記事
https://www.ndtv.com/world-news/recession-due-to-coronavirus-pandemic-could-be-worse-than-2009-imf-2199499
画像はflicker.comから
https://live.staticflickr.com/8046/8102214394_ae25575e79_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

    韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次い…

  2. 経済

    れいわの山本太郎代表、積極財政と消費税減税で野党共闘を目指す! これは侮れない! (朝香 豊)

    れいわ新選組の山本太郎代表は、最近立命館大学の松尾匡教授から、…

  3. 経済

    麻生財務相「消費税減税は考えていない」 日本を潰す気か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!麻生…

  4. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  5. Featured Video Play Icon
  6. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 …
PAGE TOP