安全保障

IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFのゲオルギエバ専務理事は、新型コロナウイルスにより現在世界が直面している経済危機は、2008年から2009年にかけてのリーマン・ショック時の経済危機より深刻であり、前例のない対策を要することになると発言した。

リーマン・ショック時は、中国やインドといった新興国に経済を牽引する力があったが、今回は期待できない。

2020年の世界の経済成長率はマイナスになる見通しで、マイナス1.5%になるとの見通しを立てる者もいる。

今回は多くの政府がすでに尋常ではない財政処置を発表し、中央銀行も金融緩和に踏み切っているが、特に財政においてはもっと大胆な処置が必要になると、ゲオルギエバ専務理事は語った。

さて、日本政府は真水で15兆円の対策をまとめていると報じられているが、これはショボすぎないか。

民間に生じる痛みを政府が吸収することでしか、この危機は乗り切れないのに、政府の痛み(財政赤字の拡大)を心配しているとは、本末転倒だ。

今は、平時ではなく有事だということが、日本の政界や官界では全く意識されていないようだ。

もちろん、規模が大きくなりさえすればいいというわけではない。

どうすれば日本国の将来の安全や成長の強化につなげることができるのか、強い痛みが生じている人々や企業を特に念頭に置いたきめ細かい対応を考えているか、ただそれでも甘えた依存をなるべく少なくするにはどうすればいいのかといった点も、しっかり詰めていくのも大切だ。

こうした総合的な視点で、今回の危機の対応策を、日本政府にはぜひ考えてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のStrait Timesの記事
https://www.straitstimes.com/business/economy/imf-sees-coronavirus-pandemic-causing-global-recession-in-2020-recovery-in-2021
ネタ元のNDTVの記事
https://www.ndtv.com/world-news/recession-due-to-coronavirus-pandemic-could-be-worse-than-2009-imf-2199499
画像はflicker.comから
https://live.staticflickr.com/8046/8102214394_ae25575e79_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    日韓GSOMIA、破棄から一転継続へ!(朝香 豊)

    韓国の文在寅政権は、土壇場になって日韓GSOMIAの継続に方針…

  2. 安全保障

    日本などへの渡航自粛を勧告! 韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  4. 安全保障

    ASEANでの日本への期待は圧倒的! シンガポールのシンクタンクが発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

  6. 経済

    国破れて山河なし! ソーラーパネルと風車の襲来!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)
  2. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
  4. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
PAGE TOP