安全保障

マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

キューバや中国に駐在した米外交官や軍関係者、情報機関員らが脳に謎の損傷を受ける事例が約5年前から相次ぎ、被害者の数は130名以上に達している。全米科学アカデミーはマイクロ波兵器が用いられたものではないかとの見解を示している。

脳損傷の重症度は広範囲に及び、慢性的で永続的な症状が出ているケースもある。犠牲者の中には自殺をしかねない者も出ているという。

驚くべきは、ホワイトハウスのスタッフがアメリカ国内で被害にあったと思われる事例が2つあることだ。そのうちの1つはホワイトハウスの南側にあるエリプス広場で受けたもので、もう1つはバージニア北部で犬を散歩させていた時に受けたものだ。

バイデン政権は2019年のある事例について、ロシア軍情報機関の参謀本部情報総局(GRU)が関与した可能性が非常に高いとし、他の事例でもロシアの関与を示す証拠が浮上しているという。

このバイデン政権の捉え方について違和感を感じるのは、中国で起こった事件についてもロシアが黒幕だと考えているのかというところだ。意図的に中国隠しをやっているとしたら、安全保障上許されることではない。もちろん中国がやったに決まっているという決めつけもよくないだろうが、いずれにせよ真相解明についての取り組みが弱いことについて、民主党議員の中からももっと積極的に動いてもらいたいと、バイデン政権はハッパをかけられている。それは当然だと言えるだろう。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nytimes.comの記事
https://www.nytimes.com/2021/05/12/us/politics/biden-cia-brain-injury.html
マイクロ波攻撃の画像
https://i.pinimg.com/originals/9b/44/4c/9b444c62bbabb34a2c2c05bf35792cf7.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ショハ…

  2. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東日…

  3. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  4. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  6. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)
  2. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている!…
  4. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    WHOの調査結果にも見える武漢ウイルス研究所起源の証拠 ! 中国と西側との対決の…
PAGE TOP