安全保障

英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスは拡張主義を続ける中国を牽制するために、2017年12月に就役したばかりの空母「HMSクイーンエリザベス」を南シナ海に送る計画である。

HMSクイーンエリザベスには米英共同運用が適応され、米海兵隊員も乗り込み、米海兵隊のF35Bも搭載されている。

当然ながら空母1隻のみを送るわけではなく、45隻の駆逐艦、2隻のフリゲート艦、2隻のタンカーを含む空母打撃群を送ることになる。

2021年1月から始まる米軍、自衛隊との共同演習に参加する。

注目すべきは、この共同演習に参加するだけでなく、極東地域に本拠地を設け、東アジアに長期滞留することも視野に入れていることである。

極東での対中国の軍事バランスが崩れている中で、イギリスの空母が極東地域に常駐するようになるとすれば、このバランスの回復に大いに役立つと言えるだろう。

さらに演習終了後には、姉妹艦である空母「HMSプリンス・オブ・ウェールズ」も追加で南シナ海に送るとの話もある。

本土からわざわざ遠く離れた海域に貴重な戦力を派遣してくれる英軍を支援する意味からも、日英防衛協力をさらに一歩進めて、日英安全保障条約の締結に向けた協議を始めたいものだ。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のNauticus Liveの記事
https://www.nauticuslive.com/post/1514/royal-navy-possibly-deploy-its-31bn-aircraft-carrier-hms-queen-elizabeth-in-the-far-east-for-drills
Business Insiderからの引用画像(HMSクイーン・エリザベス)
https://i.insider.com/5a2ac57d8a4986b0008b4bcd?width=1100&format=jpeg&auto=webp
Business Insiderからの引用画像(空母打撃群)
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/11/09/5a032ec93dbef4cf008b4a34-w640.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    送電設備のトラブルで山手線が完全停止 ! 危機管理意識の大転換を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6月…

  3. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!9月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    ウイグル人権法案可決に猛反発! 中国がアメリカの先住民虐殺を非難!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  4. 経済

    日本の半導体戦略の敗北 ! 日本自身が抱えている弱点を直視しよう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
PAGE TOP