安全保障

英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスは拡張主義を続ける中国を牽制するために、2017年12月に就役したばかりの空母「HMSクイーンエリザベス」を南シナ海に送る計画である。

HMSクイーンエリザベスには米英共同運用が適応され、米海兵隊員も乗り込み、米海兵隊のF35Bも搭載されている。

当然ながら空母1隻のみを送るわけではなく、45隻の駆逐艦、2隻のフリゲート艦、2隻のタンカーを含む空母打撃群を送ることになる。

2021年1月から始まる米軍、自衛隊との共同演習に参加する。

注目すべきは、この共同演習に参加するだけでなく、極東地域に本拠地を設け、東アジアに長期滞留することも視野に入れていることである。

極東での対中国の軍事バランスが崩れている中で、イギリスの空母が極東地域に常駐するようになるとすれば、このバランスの回復に大いに役立つと言えるだろう。

さらに演習終了後には、姉妹艦である空母「HMSプリンス・オブ・ウェールズ」も追加で南シナ海に送るとの話もある。

本土からわざわざ遠く離れた海域に貴重な戦力を派遣してくれる英軍を支援する意味からも、日英防衛協力をさらに一歩進めて、日英安全保障条約の締結に向けた協議を始めたいものだ。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のNauticus Liveの記事
https://www.nauticuslive.com/post/1514/royal-navy-possibly-deploy-its-31bn-aircraft-carrier-hms-queen-elizabeth-in-the-far-east-for-drills
Business Insiderからの引用画像(HMSクイーン・エリザベス)
https://i.insider.com/5a2ac57d8a4986b0008b4bcd?width=1100&format=jpeg&auto=webp
Business Insiderからの引用画像(空母打撃群)
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/11/09/5a032ec93dbef4cf008b4a34-w640.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  3. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  4. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「価値観の多様化」の矛盾! 特定の価値観の排除!(朝香 豊)
  2. 道理

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  4. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)…
PAGE TOP