安全保障

中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ブラジルのボルソナロ大統領はコロナウイルスに関して「研究室で作られた可能性がある」と発言して、物議を醸した。マスコミはボルソナロ大統領の妄言のように扱っているが、果たして本当に妄言にすぎないのだろうか。

イギリスのデイリー・メールは、中国の科学者はここ6年間にわたって生物兵器で第三次世界大戦を戦う準備を行っており、その生物兵器にはコロナウイルスが含まれていることを報じている。

これは2015年に中国の人民解放軍が作成した文書によるもので、文書はアメリカの国務省が入手したものであることも明らかにしている。

この文書には、生物兵器を使用するにあたって最大限の効果を発揮できる条件の概略が示されており、「敵の医療システム」に対して持ちうる影響についても綴っている。

第一次世界大戦では化学兵器が用いられ、第二次世界大戦では核兵器が用いられたが、第三次世界大戦では生物兵器が用いられることになり、それが戦争の帰趨を決することになると、この文書を書いた著者たちは主張している。

生物兵器を利用するのは、雨や雪が降る時や晴れた日中はあまり効果が高くなく、ターゲットエリアに向けた安定した風があって、夜とか明け方とか夕闇の時間帯とか、曇っている時が好ましいとの記述もあった。エアロゾルに乗せてターゲットエリアに広く運ばせるという参段だ。病原体をフリーズドライ状態にしておけば、管理の手間が小さくなり、攻撃の際にはこれをエアロゾルに乗せて運ぶことを考えればよい。横須賀市から横浜市にかけて度々起こった原因不明の異臭騒ぎは、これを想定した「予行演習」なのかもしれないとの想像を、自分は巡らせた。

ところで、私がこの記事でもう1つ注目したのは、この情報がアメリカの国務省が入手した文書によるものだという点だ。

目下世界が苦しんでいるコロナ禍に関して、アメリカのブリンケン国務長官は「未来志向」を理由として中国に懲罰的な処置は取らない姿勢を示している。こうした方針に不満な国務省関係者が、デイリー・メールに対して情報をリークしたと考えられるからだ。

バイデン政権の閣僚クラスは親中派が揃っているが、中国の痛みになることを避けようとするバイデン政権のあり方はおかしいとの認識は、官僚レベルではかなり広がっていると思われる。そうした筋からこのような文書を入手しているとの情報がデイリー・メールに対してもたらされたのではないか。

こういう視点でアメリカを観察するのも大切にしたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9556415/China-preparing-WW3-biological-weapons-six-years-investigators-say.html?fbclid=IwAR3olZEhhZ9jV8JcZ6vDhoaVK_u8q23dqM9ocM5Z9-YTt8rAiEhW2XmrxG8
武漢ウイルス研究所の研究員の画像
https://www.globaltimes.cn/Portals/0/attachment/2020/2020-02-15/4199aa6d-b52b-44c2-84a3-51f13355a9ae.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  2. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  5. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    敵基地攻撃能力の保持は当然! 河野太郎氏の欺瞞を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  2. 経済

    高市氏の真っ当な経済政策! ようやく正しい経済政策を打ち出す総理候補が出現した!…
  3. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)
  5. 道理

    情報公開のあり方を見直せ! コロナで失墜した日本の情報公開!(朝香 豊)
PAGE TOP