安全保障

中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ブラジルのボルソナロ大統領はコロナウイルスに関して「研究室で作られた可能性がある」と発言して、物議を醸した。マスコミはボルソナロ大統領の妄言のように扱っているが、果たして本当に妄言にすぎないのだろうか。

イギリスのデイリー・メールは、中国の科学者はここ6年間にわたって生物兵器で第三次世界大戦を戦う準備を行っており、その生物兵器にはコロナウイルスが含まれていることを報じている。

これは2015年に中国の人民解放軍が作成した文書によるもので、文書はアメリカの国務省が入手したものであることも明らかにしている。

この文書には、生物兵器を使用するにあたって最大限の効果を発揮できる条件の概略が示されており、「敵の医療システム」に対して持ちうる影響についても綴っている。

第一次世界大戦では化学兵器が用いられ、第二次世界大戦では核兵器が用いられたが、第三次世界大戦では生物兵器が用いられることになり、それが戦争の帰趨を決することになると、この文書を書いた著者たちは主張している。

生物兵器を利用するのは、雨や雪が降る時や晴れた日中はあまり効果が高くなく、ターゲットエリアに向けた安定した風があって、夜とか明け方とか夕闇の時間帯とか、曇っている時が好ましいとの記述もあった。エアロゾルに乗せてターゲットエリアに広く運ばせるという参段だ。病原体をフリーズドライ状態にしておけば、管理の手間が小さくなり、攻撃の際にはこれをエアロゾルに乗せて運ぶことを考えればよい。横須賀市から横浜市にかけて度々起こった原因不明の異臭騒ぎは、これを想定した「予行演習」なのかもしれないとの想像を、自分は巡らせた。

ところで、私がこの記事でもう1つ注目したのは、この情報がアメリカの国務省が入手した文書によるものだという点だ。

目下世界が苦しんでいるコロナ禍に関して、アメリカのブリンケン国務長官は「未来志向」を理由として中国に懲罰的な処置は取らない姿勢を示している。こうした方針に不満な国務省関係者が、デイリー・メールに対して情報をリークしたと考えられるからだ。

バイデン政権の閣僚クラスは親中派が揃っているが、中国の痛みになることを避けようとするバイデン政権のあり方はおかしいとの認識は、官僚レベルではかなり広がっていると思われる。そうした筋からこのような文書を入手しているとの情報がデイリー・メールに対してもたらされたのではないか。

こういう視点でアメリカを観察するのも大切にしたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9556415/China-preparing-WW3-biological-weapons-six-years-investigators-say.html?fbclid=IwAR3olZEhhZ9jV8JcZ6vDhoaVK_u8q23dqM9ocM5Z9-YTt8rAiEhW2XmrxG8
武漢ウイルス研究所の研究員の画像
https://www.globaltimes.cn/Portals/0/attachment/2020/2020-02-15/4199aa6d-b52b-44c2-84a3-51f13355a9ae.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!李文…

  3. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)

    アメリカのポンペオ国務長官は、中国共産党が国際支配に焦点を合わ…

  4. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)

    巨額の不正資金疑惑をめぐって職権乱用など42の罪に問われている…

  6. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    NBAのレイカーズのレブロン・ジェームズが、ロケッツGMの香港支持ツイッターを批…
  2. 人権・民主主義

    コロナ禍で子供の諸能力が大幅低下との研究発表! ロードアイランド州での調査結果!…
  3. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)
PAGE TOP