安全保障

米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

アメリカは北朝鮮に対する「軍事的オプション」に公に言及した。

チャールズ・ブラウン米太平洋空軍司令官は、「我々は素早くほこりを払い落とし、利用する準備をするかもしれない」「あらゆるオプションがテーブルの上にある」と語った。

2017年に米軍はB-1B爆撃機を北方限界線の北朝鮮側に実際に飛ばした他、「ロナルド・レーガン」「セオドア・ルーズベルト」「ニミッツ」の空母3艦を日本海に展開し、北朝鮮の主要施設を先制攻撃する「鼻血作戦」の実行を示唆していた。

具体的には、B-2ステルス爆撃機、B-1B爆撃機、F-22・F-35ステルス戦闘機などで、寧辺の一部核施設、東倉里ミサイル基地、平壌の主要施設などに統合直接攻撃弾などを投下、さらに電磁パルス弾、マイクロ波弾などで北朝鮮のミサイル電子回路を破壊し、発射できないようにするというものだ。

今回、この「鼻血作戦」を再検討することをテーブルに上げた格好だ。

こうした脅しを行うことで、北朝鮮の挑発を食い止めようとするのが狙いだと思われる。

地上軍の派遣を行わないこうした作戦が実際にありうるかどうかは疑問もあるが、公言していない「斬首作戦」と連動させるような展開を考えているのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/19/2019121980036.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 外交

    五輪開催時の日韓首脳会談に含み! 菅総理の哀れな末路!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅総…

  4. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  5. 安全保障

    イランの保健副大臣が感染! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
  3. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ユニクロのシャツをアメリカが輸入差し止め! 米中股裂きに柳井会長はどうする?(朝…
PAGE TOP