人権・民主主義

韓国で「検察改革法」成立! これはマズい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国国会は、チョ・グク前法相がまとめた「検察改革法」を、最大野党の自由韓国党の反対を押し切って成立させた。

検察から政府高官らの捜査をする資格を奪い取り、政府高官らの捜査については、新たに設置される「高位公職者犯罪捜査処」に移すことが決まった。

この意味で、「高位公職者犯罪捜査処」は「第二検察」とも呼ばれる。

「高位公職者犯罪捜査処」のトップは大統領が任命することから、政権中枢への捜査は大いに緩められることになる。

これによって、文在寅政権の怪しい動きについての追及が事実上できなくなることになる。

これまで検察が進めてきたチョ・グク前法相などの捜査も、この法案の成立によって、難しくなる可能性もある。

なお、この「検察改革法」と連動して動いていたのが、少数政党に有利になる公職選挙法の改正だ。

韓国の少数政党は親北的な傾向を持つところが多い。

今回の公職選挙法の改正が成立したことによって、仮に現在の政権与党の「ともに民主党」が大敗したとしても、保守政党である自由韓国党が過半数を占めることは非常に難しくなった。

文在寅政権が目指していた2大改革がこの年末にともに成立したことによって、韓国での保守派の巻き返しは非常に困難になったと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の聯合ニュースの記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191230003800882

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

  2. 人権・民主主義

    楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎日…

  3. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)

    雨の中開かれたにも関わらず、香港を支持する集会に5万人が参加し…

  4. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!先の…

  5. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ソフトバンクG、ピンチ! 三菱も三井住友も融資に応じない見通し! (朝香 豊)
  2. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)
  4. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)
  5. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)
PAGE TOP