人権・民主主義

韓国で「検察改革法」成立! これはマズい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国国会は、チョ・グク前法相がまとめた「検察改革法」を、最大野党の自由韓国党の反対を押し切って成立させた。

検察から政府高官らの捜査をする資格を奪い取り、政府高官らの捜査については、新たに設置される「高位公職者犯罪捜査処」に移すことが決まった。

この意味で、「高位公職者犯罪捜査処」は「第二検察」とも呼ばれる。

「高位公職者犯罪捜査処」のトップは大統領が任命することから、政権中枢への捜査は大いに緩められることになる。

これによって、文在寅政権の怪しい動きについての追及が事実上できなくなることになる。

これまで検察が進めてきたチョ・グク前法相などの捜査も、この法案の成立によって、難しくなる可能性もある。

なお、この「検察改革法」と連動して動いていたのが、少数政党に有利になる公職選挙法の改正だ。

韓国の少数政党は親北的な傾向を持つところが多い。

今回の公職選挙法の改正が成立したことによって、仮に現在の政権与党の「ともに民主党」が大敗したとしても、保守政党である自由韓国党が過半数を占めることは非常に難しくなった。

文在寅政権が目指していた2大改革がこの年末にともに成立したことによって、韓国での保守派の巻き返しは非常に困難になったと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の聯合ニュースの記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191230003800882

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    台湾政府が米3紙に台湾に拠点設置を提案! 中国に対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本は2030年までにCO2を50%減らせだって! 中国は2030年まで増やすん…
  2. Featured Video Play Icon

    外交

    文在寅大統領が ASEAN で日本はずし工作を始める 
  3. 経済

    牛肉も牛乳もダメ? SDGsが求める未来!(朝香 豊)
  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    プーチン体制ピンチ! ウクライナ侵略失敗へ!(朝香 豊)
PAGE TOP