安全保障

バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのバイデン政権が対中投資の禁止企業を59社に拡大したことが6月3日に報じられた。トランプ政権の時の31社から倍増近くに達した形となる。親中的なバイデン政権であっても、国内世論に押されて対中強硬路線に転じざるをえなくなったかと考え、この動きを私は歓迎していたが、とんだ食わせ物であったことがわかった。

中国ウォッチャーの遠藤誉氏によれば、追加された企業の大半はすでに制裁対象となっている企業の子会社とか親会社といった関連会社であり、実質的にはほとんど増えていないことになる。

実質的に追加されたと言えるのは「安徽長城軍工股分有限公司」「長沙景嘉微電子股份有限公司」「福建火炬电子科技股份有限公司」の3つであるが、この3つはもともと中国政府が外国からの投資を認めていないものである。とすれば、追加しても意味は全くない。

この投資禁止リスト発表に先立つ5月27日に、中国の劉鶴副首相はアメリカ通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表とオンラインで会談し、さらに6月2日にもジャネット・イエレン財務長官とやはりオンライン会談を行っている。この両会談について新華社は「双方とも平等と相互尊重の姿勢に基づき、マクロ経済的視点と多国主義という視点から広範囲にわたる協力を約束し、今後も連携を保つことを望んだ。非常に率直な意見交換ができた」と高く評価した。そして劉鶴ーイエレン会談の翌日に発表されたのがこの対中投資の禁止企業リスト「拡充」の発表であった。こうしたオンラインの会談を通じて、バイデン政権は投資禁止リストの調整を中国側とすり合わせていたと考えるほうが自然である。こういう点からすれば、「出来レース」だったと言うこともできる。

さらに注目すべきことは、「中国航空集団有限公司」「中国化工集団有限公司」「曙光資訊産業股份有限公司」など18企業がブラックリストから解除されているところだ。ちなみに「曙光」は中国スーパーコンピュータ大手で、中国人民解放軍と密接なつながりを持ち、中国の核兵器や極超音速兵器のプロジェクトに関わっている。このような会社がなぜ投資禁止リストから排除されたのかは、大いに疑問だ。

こうなると、実質的には制裁対象の大幅拡充どころか、制裁対象の骨抜きであることになる。

トランプ政権はTikTokやウィーチャットのアメリカ国内での使用禁止を決めたが、バイデン政権は6月9日にこの使用禁止処置を撤廃することも行っている。

バイデン政権には今後も警戒心を緩めてはならない。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20210607-00241804/
www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/06/74525.html
バイデンと中国の画像
https://thumbor.forbes.com/thumbor/fit-in/1200×0/filters%3Aformat%28jpg%29/https%3A%2F%2Fspecials-images.forbesimg.com%2Fimageserve%2F5f3e457fc4dc8a27e033f576%2F0x0.jpg%3FcropX1%3D604%26cropX2%3D2609%26cropY1%3D582%26cropY2%3D1711

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金門…

  3. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港12大学の学生会が中国共産党政権を批判する共同声明を発表! 「自由を与えよ。…
  2. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米国上院で、ウイグル人権政策法案が全会一致で可決! 下院でも可決の見込み! (朝…
  5. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香…
PAGE TOP