人権・民主主義

台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾人有名ユーチューバーの「波特王(ポッタキング)」は、台湾だけでなく中国本土でも人気があり、中国では「パピチューブ」という動画配信サイトを利用していた。

彼は台湾の蔡英文総統とイベントに参加した動画をYouTubeに投稿した。

この動画で、波特王は蔡英文氏に対して、「総統」と呼んでいた。

これに対して「パピチューブ」は、この「総統」という呼び方を問題視し、映像を削除しないと契約を解除すると波特王に圧力をかけた。

波特王は「毎月の損失は少なくないけど、土下座はできない」、「われわれの国家元首を『総統』を呼べなかったら、この稼ぎは要らない」と、自身のFacebookに書き込んだ。

これを受け、「パピチューブ」は波特王との契約をすぐさま解除した。

波特王の勇気ある決断を称えたい。

中国はこれまで、経済的な圧力を背景に言論をコントロールしようとしてきたが、これがどんどん裏目に出ている。

波特王のように、経済的な不利益を被っても、謝罪をしたり、発言を撤回しない例が増えてきた。

イングランドのサッカーチームのアーセナルのエジル選手が中国のウイグル弾圧を非難した件でも、エジル選手だけでなく、所属するアーセナルも中国に謝罪することはしていない。

ドイツのサッカーチームのFCケルンは、自ら中国国内で若手を育成するサッカースクールの事業から撤退した。

経済力を背景に威圧的に言論の自由を封じ込めようとする中国に対する反感は、今後一層広がっていくだろうが、「メンツ」を大切にする中国としては、大胆な方針転換はおそらくできないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/50123.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2019/12/21/t_etkjiczj23y8jnbhzeb8.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  2. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  3. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

    香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議…

  4. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    Facebookのザッカーバーグ氏が中国を批判! 従来の立場から決別!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  3. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(…
  4. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
PAGE TOP