経済

深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の巨大銀行の財務の問題が急浮上している。

世界的影響力の強い金融機関に経営上の問題が発生すると、世界的な金融危機に発展する恐れがある。

こうした金融機関に何らかの問題が生じても、株主や社債の購入者に全額損失を負担させることができれば、税金を投入しないで危機に対応することができる。

もちろん、金融機関に巨額損失に対応する能力がないと、株主らに全額損失を負わせると言っても絵空ごとだ。

そこでそれだけの財務力を身につけていることを求める必要が出てくる。

これをTLAC規制(ティーラック規制 : Total Loss Absorbing Capacity規制)と呼ぶが、このTLAC規制に中国の巨大銀行がことごとく適応できていないのである。

中国の巨大銀行は4つあるので、中国4大銀行と呼ばれているが、この4大銀行がTLAC規制をクリアするためには5.77兆元から6.51兆元(日本円でざっと90兆円から100兆円)の資本不足を2024年までに解消する必要があるとされる。

透明性の低い中国の情報に基づいても巨額の資本不足が発生していることを認めなくてはならなくなっているということは、本当に真面目な検証を行った場合にどれほどの問題になっているかは想像を絶するものがある。

中国は今後の世界経済の最大の撹乱要因になっていると言えるだろう。

なお、中国の金融管理制度はどんどん厳しくなり、やや大きなお金(銀行によっても違うが、数百万円程度以上)を引き出す場合には事前に予約を行い、資金の使い道について申告しなければならない形になっている。

自由な資金の引き出しを抑制させないといけない状況になってきているのである。

中国がどんどん袋小路に追い込まれているのは間違いない。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-china-lender-loss/china-issues-draft-loss-absorbing-capacity-rules-for-systemically-important-banks-idUSKBN26L05H
ハンギョレからの引用画像(中国4大銀行)
https://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2014/1101/141479648658_20141101.jpg
ピクテ投信投資顧問からの引用画像(TLAC規制のイメージ図)
https://www.pictet.co.jp/-/media/Feature/Corporate/Individual/Report/markets/headline/20151117/img01.png?la=ja-JP&hash=5FE05E72101E21F6E04BF82541F010A58F9E9802

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    政府の「エネルギー基本計画」を変えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)

    日本マイクロソフトは8月に、試験的に週休3日制を実施したところ…

  4. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOの調査結果にも見える武漢ウイルス研究所起源の証拠 ! 中国と西側との対決の…
  2. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)
  3. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
  4. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    プーチン体制ピンチ! ウクライナ侵略失敗へ!(朝香 豊)
PAGE TOP