人権・民主主義

ウイグルでの工場を閉鎖し、ウイグル人の人権を守れ! フォルクスワーゲンに人権団体から圧力!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Jewish World Watchなど19の人権団体が、フォルクスワーゲンはウイグルに設立した工場を閉鎖して、ウイグルの強制労働の使用を停止しなければならないとするメッセージを発表した。フォルクスワーゲンは1937年にナチスによって作られた企業だが、過去の負の歴史の埋め合わせをするのではなく、むしろ過去の過ちを繰り返していると、こうした団体は非難している。

ここで言う「過去の負の歴史」とは、ナチスに由来する出自の話ばかりではない。たとえばフォルクスワーゲンは1964年から1985年まで続いたブラジルの軍事独裁政権を支える役割も果たしてきた。軍事独裁政権に反対して行動する組合活動家たちを特定して政権側に引き渡し、独裁政権による拷問に晒させたことの罪を問われて、その補償金などとして600万ドルの支払いをさせられたこともある。こうした反倫理的な行動に手を染めやすい傾向がフォルクスワーゲンにはもともとあるということも、これらの人権団体は主張している。

そもそもウイグルには部品工場や港が近くにあるわけではなく、部品調達においても製品輸出においても非常に不利な環境にある。なぜこのような場所にわざわざフォルクスワーゲンが工場を建てたのかは、普通の経済合理性から考えれば完全な謎である。中国政府から法外な補助金を大量に得ているか、ウイグル人にほとんど賃金を支払わないで強制労働をさせているか、どちらかしか考えられない。いずれにせよ、この一件もフォルクスワーゲンの企業倫理が大いに問われる事態である。

フォルクスワーゲンは自社で製造していたディーゼル車の排ガスについて、ソフトウェアの改ざんによってごまかしていたことが2015年に発覚して大問題になった。いわゆるディーゼル・ゲート事件だが、これに関わる損害賠償などの巨大な負担がフォルクスワーゲンに加わるようになり、財務的に苦しくなった。この弱みを中国政府にうまく利用された可能性は大いにありうるところだ。メルケル・ドイツの中国接近も、こうした背景があることが推測される。

現在フォルクスワーゲンの契約上の義務として、中国の国家情報法に基づき、中国政府の諜報活動を支援、協力しなけばならないことになっている。ウイグルでの生産活動を行う場合には、ウイグルの工場で得られた監視画像データ、音声データを提供することにつながり、それはウイグルでのジェノサイドを含む各種の人権抑圧に加担することにもなる。ウイグルでの強制労働やジェノサイドから距離を置こうとする一般的な西側企業の流れとは逆行する動きを、フォルクスワーゲンは見せていることになる。

アメリカの消費者はウイグルでのジェノサイド行為で中国共産党に手を貸す企業を揺さぶることができるのであるから、ジェノサイドに加担していない企業の商品を求めるべきだと、人権団体は訴えている。

この話がはっきり表に出てくるとフォルクスワーゲンの致命傷になりかねないが、それがアメリカの人権団体から声として上がるようになってきたところは注目したい。なお、ヨーロッパの人権団体も同様の懸念をフォルクスワーゲンに向けてきている。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.washingtonexaminer.comの記事
https://www.washingtonexaminer.com/opinion/op-eds/volkswagen-close-your-factory-in-xinjiang-and-protect-uyghur-human-rights
www.bbc.comの記事
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-54918309
www.republicworld.comの記事
https://www.republicworld.com/world-news/china/volkswagen-defends-decision-of-operating-xinjiang-plant-claims-theres-no-forced-labour.html
フォルクスワーゲンと習近平の画像
https://img.republicworld.com/republic-prod/stories/promolarge/xxhdpi/nycg1mwxmbtku3zm_1605249805.jpeg?tr=w-758,h-433

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  4. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)
  2. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    コロナの発症は武漢の研究所! 亡命研究者たちが証言しているとバノン氏!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)
PAGE TOP