人権・民主主義

ウイグルでの工場を閉鎖し、ウイグル人の人権を守れ! フォルクスワーゲンに人権団体から圧力!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Jewish World Watchなど19の人権団体が、フォルクスワーゲンはウイグルに設立した工場を閉鎖して、ウイグルの強制労働の使用を停止しなければならないとするメッセージを発表した。フォルクスワーゲンは1937年にナチスによって作られた企業だが、過去の負の歴史の埋め合わせをするのではなく、むしろ過去の過ちを繰り返していると、こうした団体は非難している。

ここで言う「過去の負の歴史」とは、ナチスに由来する出自の話ばかりではない。たとえばフォルクスワーゲンは1964年から1985年まで続いたブラジルの軍事独裁政権を支える役割も果たしてきた。軍事独裁政権に反対して行動する組合活動家たちを特定して政権側に引き渡し、独裁政権による拷問に晒させたことの罪を問われて、その補償金などとして600万ドルの支払いをさせられたこともある。こうした反倫理的な行動に手を染めやすい傾向がフォルクスワーゲンにはもともとあるということも、これらの人権団体は主張している。

そもそもウイグルには部品工場や港が近くにあるわけではなく、部品調達においても製品輸出においても非常に不利な環境にある。なぜこのような場所にわざわざフォルクスワーゲンが工場を建てたのかは、普通の経済合理性から考えれば完全な謎である。中国政府から法外な補助金を大量に得ているか、ウイグル人にほとんど賃金を支払わないで強制労働をさせているか、どちらかしか考えられない。いずれにせよ、この一件もフォルクスワーゲンの企業倫理が大いに問われる事態である。

フォルクスワーゲンは自社で製造していたディーゼル車の排ガスについて、ソフトウェアの改ざんによってごまかしていたことが2015年に発覚して大問題になった。いわゆるディーゼル・ゲート事件だが、これに関わる損害賠償などの巨大な負担がフォルクスワーゲンに加わるようになり、財務的に苦しくなった。この弱みを中国政府にうまく利用された可能性は大いにありうるところだ。メルケル・ドイツの中国接近も、こうした背景があることが推測される。

現在フォルクスワーゲンの契約上の義務として、中国の国家情報法に基づき、中国政府の諜報活動を支援、協力しなけばならないことになっている。ウイグルでの生産活動を行う場合には、ウイグルの工場で得られた監視画像データ、音声データを提供することにつながり、それはウイグルでのジェノサイドを含む各種の人権抑圧に加担することにもなる。ウイグルでの強制労働やジェノサイドから距離を置こうとする一般的な西側企業の流れとは逆行する動きを、フォルクスワーゲンは見せていることになる。

アメリカの消費者はウイグルでのジェノサイド行為で中国共産党に手を貸す企業を揺さぶることができるのであるから、ジェノサイドに加担していない企業の商品を求めるべきだと、人権団体は訴えている。

この話がはっきり表に出てくるとフォルクスワーゲンの致命傷になりかねないが、それがアメリカの人権団体から声として上がるようになってきたところは注目したい。なお、ヨーロッパの人権団体も同様の懸念をフォルクスワーゲンに向けてきている。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.washingtonexaminer.comの記事
https://www.washingtonexaminer.com/opinion/op-eds/volkswagen-close-your-factory-in-xinjiang-and-protect-uyghur-human-rights
www.bbc.comの記事
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-54918309
www.republicworld.comの記事
https://www.republicworld.com/world-news/china/volkswagen-defends-decision-of-operating-xinjiang-plant-claims-theres-no-forced-labour.html
フォルクスワーゲンと習近平の画像
https://img.republicworld.com/republic-prod/stories/promolarge/xxhdpi/nycg1mwxmbtku3zm_1605249805.jpeg?tr=w-758,h-433

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  3. 安全保障

    日本政府は中国のダンピングを止めるべき! 中国製EVバスの危険!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カル…

  5. 安全保障

    学術会議の任命拒否理由の非開示決定! 問題は学術会議の存在そのもの! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    朝日・毎日でも憲法改正賛成派が反対派を上回る! 今こそ憲法改正を思い切って打ち出…
  2. 人権・民主主義

    米下院でウイグル人権法案可決!(朝香 豊)
  3. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)
  5. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)
PAGE TOP