安全保障

なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会する際に、米政府への事前届け出が義務付けられた。

これに対して中国は「ウィーン条約に違反している」と猛反発している。

だが、中国はどうしてこんなに抵抗するのだろうか。

今回のアメリカの処置は、許可制ではない。

単なる事前届出制だ。

要するに、「こそこそ会うのはダメ」というだけだ。

それだけのことが、中国には打撃になるということらしい。

裏でどんなことをやっているかは想像がついちゃうね。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191017/wor1910170023-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

  2. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

  5. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!長年に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)
  3. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
PAGE TOP