人権・民主主義

緊急時放送システムを利用する! トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リン・ウッド弁護士はParlerにトランプ大統領の最新情報を掲載し、「トランプ大統領は緊急時放送システムを利用する。我々には勇気と信仰心に溢れた指導者がいる。彼は法の支配の下にさらに4年指導的地位にとどまることになる」と述べた。

リン・ウッド弁護士はさらに別の投稿で、「今日は全知全能の神にあらゆる嘘を暴いてくださいと祈るのによい日だ。我々の大統領は一時期には一人だけだ。我々の大統領はドナルド・トランプだ。彼が話すのを注意深く耳を傾けよ。大統領は憲法体制を守り、我々の自由を守るのに行動しなければならない。主流派マスコミは無視せよ。奴らは嘘つきだ。安全のために10日間から12日間の水、食料、ラジオなど用意せよ。必要ないとは思うが、悪役どもが主要都市で狼藉を働くことは可能性としては大いにある。トランプを信頼せよ。だが最後は神を信じよ。混乱が生まれた時に計画が姿を表す。トランプは地滑り的勝利で再選した。彼はさらに4年の大統領職に奉じる。だが、彼には共産主義者や裏切り者などが何年にもわたって作り上げたデタラメを糺すという絶対的な義務がある。神の御加護のあらんことを。」とも述べている。

なお、大統領府の警護を行うシークレットサービスは、こうしたリン・ウッド弁護士のツイートを脅威であると認識している。

シークレットサービスはトランプ大統領ではなく、マイク・ペンス副大統領の護衛を前提に考えているのかもしれない。 
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2021/01/09/lin-wood-president-trump-will-be-using-be-using-emergency-broadcast-system
www.washingtonexaminer.comの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/secret-service-lin-wood-trump-pence
リン・ウッド弁護士とトランプ大統領の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fwww.thenewcivilrightsmovement.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2020%2F12%2Flin-wood-donald-trump-wh-photo-4.jpeg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    韓国で「検察改革法」成立! これはマズい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソウ…

  4. Featured Video Play Icon
  5. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    30秒でコロナ診断! イスラエルが開発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)
PAGE TOP