経済

中国で加速する国進民退! これにより中国経済が崩壊する!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の全国人民代表大会において、李克強首相は「公有制経済を揺るぎなく発展させて、非公有制経済の発展を導く」と述べた。この発言は近年の「国進民退」と呼ばれる流れを反映したものだ。すなわち、国有企業の領域が広がるとともに、民有企業の領域が狭まれる事態が広がっている。「私的所有権を撤廃せよ」とか「民間企業の歴史的任務は完了した」といった話が当たり前のように語られるようになっているのが近年の中国である。

習近平が好むスローガンに「東西南北およびその中心も一切を党が支配する」というものがある。要するにあらゆる場所において共産党が中心になって取り仕切るという意味合いだ。だから、たとえ民有企業であっても、社内に共産党委員会を設置するようにさせ、人事その他の重要案件については同委員会の承認を得るように指導している。つまり会社の決定権については中国共産党が把握する形へと切り替えているのである。

企業経営者を中国共産党と「政治的、思想的、感情的に一心同体」になるよう教育するというのが習近平の方針である。

さて、資本主義ではひらめきを持った経営者が、そのアイディアを勝手に実践することを特徴としているが、こうしたアイディアの実践は習近平体制とは相容れないことになる。こうしたアイディアの実践を認めない社会が活力を保持することができるのだろうか。

習近平が権力を固める中で、中国経済の崩壊が加速しているのである。

さらに詳しい中身については、3月12日発売の「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」をぜひ読んでもらいたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM05E5W0V00C21A3000000/
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0312T0T00C21A3000000/
習近平の画像
https://www.foreignaffairsj.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/09/shutterstock_1155956518.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

    中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力…

  2. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!

    ブレグジットを巡って、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が当…

  3. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在仏…

  4. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  5. 経済

    景気悪化に苦しむ韓国! 2年間で資金繰りが苦しいと答える経営者が2割増加。(朝香 豊)

    韓国では中秋節にちょっとした賞与を出す慣例があるらしい。…

  6. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!(朝香 豊)

    経済同友会は、経済・財政・社会保障の中長期予測や財政に与える影…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「間違った考え」を排除しようというのは危険! 反ワクチン派の意見も平等に扱うべき…
  2. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)
  3. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!
  4. 人権・民主主義

    ホワイトハウスを離れるお別れスピーチ! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
PAGE TOP