経済

中国で加速する国進民退! これにより中国経済が崩壊する!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の全国人民代表大会において、李克強首相は「公有制経済を揺るぎなく発展させて、非公有制経済の発展を導く」と述べた。この発言は近年の「国進民退」と呼ばれる流れを反映したものだ。すなわち、国有企業の領域が広がるとともに、民有企業の領域が狭まれる事態が広がっている。「私的所有権を撤廃せよ」とか「民間企業の歴史的任務は完了した」といった話が当たり前のように語られるようになっているのが近年の中国である。

習近平が好むスローガンに「東西南北およびその中心も一切を党が支配する」というものがある。要するにあらゆる場所において共産党が中心になって取り仕切るという意味合いだ。だから、たとえ民有企業であっても、社内に共産党委員会を設置するようにさせ、人事その他の重要案件については同委員会の承認を得るように指導している。つまり会社の決定権については中国共産党が把握する形へと切り替えているのである。

企業経営者を中国共産党と「政治的、思想的、感情的に一心同体」になるよう教育するというのが習近平の方針である。

さて、資本主義ではひらめきを持った経営者が、そのアイディアを勝手に実践することを特徴としているが、こうしたアイディアの実践は習近平体制とは相容れないことになる。こうしたアイディアの実践を認めない社会が活力を保持することができるのだろうか。

習近平が権力を固める中で、中国経済の崩壊が加速しているのである。

さらに詳しい中身については、3月12日発売の「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」をぜひ読んでもらいたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM05E5W0V00C21A3000000/
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0312T0T00C21A3000000/
習近平の画像
https://www.foreignaffairsj.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/09/shutterstock_1155956518.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします香港で…

  2. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  6. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!旧ユ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  3. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
PAGE TOP