安全保障

新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の有力紙の「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」は、中国政府の非公表資料をスッパ抜き、新型コロナウイルスの最初の感染者は昨年11月17日に発症していたと伝えた。

中国政府の公式発表では最初の感染者は12月8日なので、1ヶ月近い違いがある。

同紙によると、11月にはすでに9人の感染者がいて、12月15日には27人になり、12月17日には1日で感染者が二桁の伸びを見せた。

そして、12月20日には60人、12月31日には266人、1月1日には381人に達していた。

中国政府の公式発表では12月31日段階での感染者数は27人であり、10倍程度の違いが出ている。

中国政府が「人から人への感染」を認めたのは、1月20日になってからのことだが、昨年のうちに「人から人への感染」がすでに広がっていたことがわかる。

なお、12月27日には中国の衛生部に、新型コロナウイルスが原因だという報告も行われている。

中国政府が初期段階で隠蔽をせず、「人から人への感染」を当初から認めていたのであれば、現在のような世界的な流行は避けられていたであろう。

今中国は、感染が広がった国にマスクや防護服を送ったり、医師団を派遣したりして、いかにも善人ぶっている。

それを全否定するつもりはないが、これを単純にありがたがり、中国を高く評価するというのであれば、違和感を感じざるをえない。

中国政府の当初の隠蔽がなければ、そもそも世界はこんなに困ってはいなかったのであり、私たちは中国政府の初期段階のこのひどい隠蔽についての責任を曖昧にすることは、絶対にやってはいけないものだと考える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のSouth China Morning Postの記事
https://www.scmp.com/news/china/society/article/3074991/coronavirus-chinas-first-confirmed-covid-19-case-traced-back
画像は米MHSのページから
https://health.mil/News/Articles/2020/02/06/MHS-prepared-to-support-interagency-coronavirus-response?type=Photos
https://health.mil/-/media/Images/MHS/Photos/transportation-isolation-system.ashx?h=407&la=en&mw=720&w=720&hash=24F8F67B8986886E1199418D057627CA77BA04D84FFFFBA954AE6C8DEAC8076D

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金門…

  3. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  4. 中国

    中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)
  4. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)
PAGE TOP