安全保障

新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の有力紙の「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」は、中国政府の非公表資料をスッパ抜き、新型コロナウイルスの最初の感染者は昨年11月17日に発症していたと伝えた。

中国政府の公式発表では最初の感染者は12月8日なので、1ヶ月近い違いがある。

同紙によると、11月にはすでに9人の感染者がいて、12月15日には27人になり、12月17日には1日で感染者が二桁の伸びを見せた。

そして、12月20日には60人、12月31日には266人、1月1日には381人に達していた。

中国政府の公式発表では12月31日段階での感染者数は27人であり、10倍程度の違いが出ている。

中国政府が「人から人への感染」を認めたのは、1月20日になってからのことだが、昨年のうちに「人から人への感染」がすでに広がっていたことがわかる。

なお、12月27日には中国の衛生部に、新型コロナウイルスが原因だという報告も行われている。

中国政府が初期段階で隠蔽をせず、「人から人への感染」を当初から認めていたのであれば、現在のような世界的な流行は避けられていたであろう。

今中国は、感染が広がった国にマスクや防護服を送ったり、医師団を派遣したりして、いかにも善人ぶっている。

それを全否定するつもりはないが、これを単純にありがたがり、中国を高く評価するというのであれば、違和感を感じざるをえない。

中国政府の当初の隠蔽がなければ、そもそも世界はこんなに困ってはいなかったのであり、私たちは中国政府の初期段階のこのひどい隠蔽についての責任を曖昧にすることは、絶対にやってはいけないものだと考える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のSouth China Morning Postの記事
https://www.scmp.com/news/china/society/article/3074991/coronavirus-chinas-first-confirmed-covid-19-case-traced-back
画像は米MHSのページから
https://health.mil/News/Articles/2020/02/06/MHS-prepared-to-support-interagency-coronavirus-response?type=Photos
https://health.mil/-/media/Images/MHS/Photos/transportation-isolation-system.ashx?h=407&la=en&mw=720&w=720&hash=24F8F67B8986886E1199418D057627CA77BA04D84FFFFBA954AE6C8DEAC8076D

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

  2. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  4. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ma…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  3. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
PAGE TOP