安全保障

「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正が成立した。

これで「緊急事態宣言」が合法的に出せることになると、評価する向きもあるだろう。

だが、自分としてはこんな法律を作ったことで却って自縄自縛に陥ることを、逆に懸念している。

具体的に述べる。

緊急事態宣言を出す前に、感染症の専門家でつくる「諮問委員会」に意見を聞くなどの手続きが必要になる。

内閣の暴走を恐れてということだろうが、国立感染症研究所から意見が上がったら即座に内閣で検討するくらいの方が、スピーディーでよかったのではないだろうか。

上申が遅れれば、国立感染症研究所が責任を負わなければならなくなるくらいの方が、緊張感があっていい話だ。

こうしたあり方では、どんな不都合があるというのだろうか。

次に、「緊急事態宣言」が発令されても、都道府県知事は外出禁止などの「要請」しかできないという点が問題だ。

感染を広げないために、外出禁止を「要請」することはできても、「命令」することはできず、当然ながら罰則規定はなにもないのだ。

これでは何のための非常宣言なのだろうか。

さらに、電気通信事業者である指定公共機関(つまりNHK)が、新型インフルエンザ等が蔓延した場合の緊急事態措置の実施に必要な放送を、他のことよりも優先しなければならないということが問題にされているようだが、これは別に当たり前の話だろう。

民放が入るか入らないかというところで揉めたようではあるが、私としては仮に民放が含まれたとしても、インターネットも普及している中で懸念するような事態が起こるのかどうかは疑問だ。(最終的にには、民放は含まれないことになった。)

また、海外からの入国者の強制隔離処置や入国拒否に関する話は議論の対象になっておらず、恐らくはこうした規定は全くないのだろう。

ここはかなり大切なポイントになるはずだが、抜けているとしたら大問題ではないか。

そもそも施行令の「新型インフルエンザ等緊急事態の要件」では、季節性インフルエンザと比べて「症例の発生頻度が」「相当程度高いと認められる」ということが前提になっているが、季節性インフルエンザの感染者数は、年間1000万人だ。

今問題とされている「新型コロナウイルス」のような場合には、全く当てはまらないことになるが、それでよいのだろうか。

こうしてみると、北海道知事が出した「緊急事態宣言」は、法の想定を遥かに超えた超法規的な異常事態ということになってしまうわけだが、本当にそれでいいのだろうか。

何かとうるさい野党との間で妥協できる内容でまとめたのだろうが、現実をあまりに無視していると感じざるをえない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200313/k10012330031000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

    中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」と…

  2. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    「ウソも表現の自由なのか」と、河村市長! トリエンナーレで津田氏を批判!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    バイデン政権発足! 陰謀論から決別を!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香…
PAGE TOP