人権・民主主義

「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

ポンペオ米国務長官はベルリンの壁崩壊30周年に合わせて、米中対立とは「米国と中国共産党政権の対立であり、平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦いである」と強調する演説を行った。

ポンペオ氏は「中国共産党は、全体主義に関する新たなビジョンを形成している。これは、国際社会がこれまで見たことのないビジョンだ。中国共産党はさまざまな手段と方法で中国の国民を抑圧している。この手法は旧東ドイツの圧政と恐ろしいほど似ている」「中国軍が隣国の主権を脅かしている。中国当局は、ドイツの議員を含めて、当局の人権侵害を批判する外国政府の高官や議員の中国訪問を禁止している」と指摘し、自由世界の国の政府と中国共産党の間で今、「価値観をめぐって戦っていると認めざるを得ない」と述べた。

ポンペオ氏は「中国共産党に支配されているファーウェイは、信用できない」とし、ファーウェイが5G通信網を世界中で進めようとしていることに対して、強い懸念を示した。

ペンス副大統領に引き続き、ポンペオ国務長官も厳しく中国政府を非難し、米中対立について価値観をめぐる争いであることを明確化した点は注目される。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48928.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ政権内のハーバード卒の学位を取り消せ! 学生と卒業生が要求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  2. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「香…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
  2. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
  3. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)
  4. 未分類

    香港もウイグルも問題視しない! バイデン大統領が明言!(朝香 豊)
  5. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
PAGE TOP