未分類

米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

超リベラル派として知られた、アメリカ最高裁判所のギンズバーグ判事の死去を受けて、トランプ大統領は連邦控訴裁判所のバレット判事を指名する方針を固めたようだ。

バレット判事はカトリックで、人工妊娠中絶やオバマケアに反対の立場を取り、宗教保守派として強い影響力を持つキリスト教福音派とも考え方が近い。

これに対して民主党は、11月に行われる大統領選挙で勝利した大統領が次期最高裁判事を指名すべきであるとして、大反発している。

ところでトランプ大統領によるバレット判事の指名は、アメリカ大統領選挙の流れを劇的に変えることになる。

バレット判事は48歳で、アメリカ最高裁判所の判事は終身の身分保証がされているので、彼女が順当に選出されれば、この先30〜40年間保守的な価値観を守る砦となることが期待できる。

現在の最高裁判事は、保守派が4、リベラル派が3、中間派が1という構成になっているが、バレット判事がこのまま選ばれることになれば、保守派が5、リベラル派が3、中間派が1となり、保守派は常に最高裁判所の多数派を形成することになる。

現在アメリカでは、個人主義の行き過ぎによって、家族制度の解体や性の解放をよしとするようなリベラル的な価値観が広がっている。

こうした動きに対して危機感を抱いている人々には、この選出がうまくいくかどうかは非常に大きな関心事となっているわけだ。

これまでは共和党の中にも、トランプ嫌いでバイデン氏を推す動きもあったが、これを急激に変えてしまった。

共和党に属しながらも反トランプを貫いてきたロムニー上院議員も、保守派の判事の指名には賛成の立場を示している。

民主党側は大統領選挙前の新判事選出の動きへの徹底抗戦を訴え、中にはトランプ大統領を再度弾劾にかけるという案まで飛び出している。

新判事は大統領の指名の後に上院の承認が必要になるが、弾劾の審理が始まればこちらの方が優先されるために、新判事の承認ができなくなるためだ。

だが、こんなことを行えば、ますます保守派の分裂が解消される力になるので、大統領選挙に与える影響を考えると却って逆効果になるだろう。

また、大統領の選挙争点にも大きな変化を生み出した。

トランプ政権のコロナ対応については、初動が遅れたことなど、政権の失策と言えるものもあり、この責任追及は大統領の選挙の1つの論点とされていた。

だが、この最高裁判事をめぐる対立が沸き起こってからは、こちらの方が関心の中心となり、コロナ対応に対する関心は急激に薄れてしまったのだ。

選挙直前になって、トランプ大統領には追い風が吹いてきているようだ。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO64288970W0A920C2NNE000?type=my#AAAUAgAAMA
ネタ元の東洋経済の記事
https://toyokeizai.net/articles/-/377605?utm_source=auweb&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article
BBCからの引用画像(バレット判事)
https://ichef.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/15F54/production/_114504998_9d4fb16a-48f5-4a0c-a4b9-c09efcc63bd0.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 未分類

    中国、ロシア、北朝鮮を味方につけて沖縄独立を! 愚かすぎる琉球新報の主張!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  3. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  4. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(…
  3. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)
PAGE TOP