安全保障

バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平が中国共産党の次期総書記になることが内定してから、ジョー・バイデンは習近平に急接近したことで知られる。2011年の年初からの1年半で、習近平とバイデンは8回会い、通訳だけの同席で25時間一緒に過ごし、プライベートな食事もともにしていた。2012年の2月にバイデンは北京で「米中起業家シンポジウム」を開催し、習近平はバイデンに中国の「万向グループ」の鲁冠球を紹介した。

この「万向グループ」は2013年の1月に、リチウムイオン電池の開発企業である「A123システムズ」の買収に成功した。「A123システムズ」は空軍用のバッテリー開発にも携わっていたが、経営状態は芳しくなかった。

この買収には議会の反対が強く、一旦は断念に追い込まれていた。先端技術であるバッテリー技術を持つ企業、しかも空軍用のバッテリー開発まで手掛けている企業を外国に売るというのは、安全保障上の懸念が大きい。だが、その後「万向グループ」はなぜか「米国外国投資委員会」(CFIUS)の審査に合格し、軍事契約を除くとされたものの、「A123システムズ」を2億5660万ドルで取得したのである。

さて、この「A123システムズ」のバッテリーを利用してプラグインハイブリッド車の生産に乗り出していた企業に「フィスカー」という会社がある。この「フィスカー」は目立った実績のある会社ではなく、ブッシュ政権の時には政府から何らの補助も受けられたことはなかった。だが、2009年にオバマ政権になってからは、米エネルギー省の「先端技術車製造ローンプログラム」(ATVM)に採用されて、約5億2900万ドルという巨額の融資を受けている。

実はこの採用には当時のバイデン副大統領が絡んでいるのは公然の秘密だ。というのは、この融資を受けて「フィスカー」が工場用地としたのは、デラウェア州ウィルミントンだからである。ここはバイデン副大統領の出身地で、バイデン家の「裏庭」とも呼ばれるところであり、工場の誘致は地元の雇用に大いに貢献する。

ただ「フィスカー」は壮絶な失敗に終わり、破産に追い込まれた。鳴り物入りで呼び込んだ企業がすぐさま破綻したのでは、バイデンの面目としては痛いところだ。この際の助け舟となったのが、「A123システムズ」の買収も行った「万向グループ」だった。「万向グループ」は1億5000万ドルという破格の金額を提示して、この「フィスカー」の買収も行ったのである。

バイデンには中国に対して、特に習近平に対しては、こうした恩義がいろいろとある。様々な弱みも握られている。それゆえに、中国に対して強く出ることは期待できない。

バイデンが次期大統領になった場合には、中国との対峙で正面に位置する日本や台湾には大きな障害になることは間違いないだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のgnewsの記事

万向グループによる米国のA123システム及びフィスカー電気自動車会社の買収に関する真相(上)

万向グループによる米国のA123システム及びフィスカー電気自動車会社の買収に関する真相  (下)


xinhuanetからの引用画像(鲁冠球)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/QIHaDcMtMxQWBdbMkA-8z0TVpVlr-O6_fCNwzPZZg84Pr5WfVrMDqKl1_wRQXi-UcUw3jajMG3_28PodZHmHjDs9Udc2O8cSGDjvVHM_z_byn1ZCPGmPsBpBCPmydKCr
xinhuanetからの引用画像(習近平とジョー・バイデン)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/8Bl1SXMTE2aZfNh1zpdCEG76IY_F6nr51tyjH8TbwuVSzSJWsc6O8ZTQw_e1leljxg-YfLwP-nG-mL2w_ygpB0pJ5jMfwcka2pzsNF6cSG_XosYnBdhzfvo00Gn-

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  3. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  4. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 人権・民主主義

    人権派の動きを中国に連絡! 国連人権高等弁務官事務所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)
  4. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも
  5. 安全保障

    未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝…
PAGE TOP