安全保障

世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

伝染病の感染力を見る指標に「基本再生産数」(R0)というのがあるそうだ。

これは1人の患者から何人にウイルスを感染させられるかを示す数値だ。

つまり、R0が2だとすると、1人の患者から2人が感染すると考えればよい。

通常の季節性インフルエンザのR0は1.28程度で、1918年全世界に流行って5000万人が亡くなったスペイン風邪(インフルエンザの一種)のR0は1.8だった。

米ハーバード大学の公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン(Eric Feigl-Ding)博士は、今回の武漢発の新型肺炎のR0が3.8であると主張し、世界的な大流行(パンデミック)になることを警告した。

感染力のすさまじさを、博士は「熱核反応的」と呼んだ。核分裂反応が加速化して進むのと同じような爆発的な広がりを持つというイメージだ。

エリック・ファイグルーディン博士の研究とは別の研究を、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。

英国のランカスター大学、グラスゴー大学ウイルス研究センター、米国のフロリダ大学の伝染病学者4人が、新型肺炎のデータ分析を行ったところ、今回の新型肺炎のROは3.6から4.0であった。

この数値は、エリック・ファイグルーディン博士とほぼ一致しているといえる。

今回の新型コロナウイルスは、「ヒトからヒトへの感染が疑われる」というレベルでは全然なく、インフルエンザウイルスよりも遥かに感染力が強かったということになる。

コロナウイルスはインフルエンザウイルスほどの感染力は持たないなんて話もあって、そうなのかもしれないなとどこかで思っていたところもあったのだが、これは幻想だったようだ。

言われているよりも遥かに危険だと認識したほうがよいのが実際のようだ。

ということは、飛沫感染どころではなく、もはや空気感染を疑わないといけないだろう。

学問的知見として現段階でどういうことが想定されているか、どういう対策を打とうとしているかを、政府は早急にまとめてしっかりと発言すべきである。

そして、その内容を日々アップデートすべきである。

決して情報をコントロールしようとしてはいけない。

日本政府が試されている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51089.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!球磨…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

    ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべき…

  3. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  5. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  2. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊…
  3. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルス対応で日本を殺すな! 末端の疲弊から目をそらしてはいけない!(…
PAGE TOP