安全保障

世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

伝染病の感染力を見る指標に「基本再生産数」(R0)というのがあるそうだ。

これは1人の患者から何人にウイルスを感染させられるかを示す数値だ。

つまり、R0が2だとすると、1人の患者から2人が感染すると考えればよい。

通常の季節性インフルエンザのR0は1.28程度で、1918年全世界に流行って5000万人が亡くなったスペイン風邪(インフルエンザの一種)のR0は1.8だった。

米ハーバード大学の公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン(Eric Feigl-Ding)博士は、今回の武漢発の新型肺炎のR0が3.8であると主張し、世界的な大流行(パンデミック)になることを警告した。

感染力のすさまじさを、博士は「熱核反応的」と呼んだ。核分裂反応が加速化して進むのと同じような爆発的な広がりを持つというイメージだ。

エリック・ファイグルーディン博士の研究とは別の研究を、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。

英国のランカスター大学、グラスゴー大学ウイルス研究センター、米国のフロリダ大学の伝染病学者4人が、新型肺炎のデータ分析を行ったところ、今回の新型肺炎のROは3.6から4.0であった。

この数値は、エリック・ファイグルーディン博士とほぼ一致しているといえる。

今回の新型コロナウイルスは、「ヒトからヒトへの感染が疑われる」というレベルでは全然なく、インフルエンザウイルスよりも遥かに感染力が強かったということになる。

コロナウイルスはインフルエンザウイルスほどの感染力は持たないなんて話もあって、そうなのかもしれないなとどこかで思っていたところもあったのだが、これは幻想だったようだ。

言われているよりも遥かに危険だと認識したほうがよいのが実際のようだ。

ということは、飛沫感染どころではなく、もはや空気感染を疑わないといけないだろう。

学問的知見として現段階でどういうことが想定されているか、どういう対策を打とうとしているかを、政府は早急にまとめてしっかりと発言すべきである。

そして、その内容を日々アップデートすべきである。

決して情報をコントロールしようとしてはいけない。

日本政府が試されている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51089.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  3. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  6. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)
  2. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)
  5. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
PAGE TOP