安全保障

世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

伝染病の感染力を見る指標に「基本再生産数」(R0)というのがあるそうだ。

これは1人の患者から何人にウイルスを感染させられるかを示す数値だ。

つまり、R0が2だとすると、1人の患者から2人が感染すると考えればよい。

通常の季節性インフルエンザのR0は1.28程度で、1918年全世界に流行って5000万人が亡くなったスペイン風邪(インフルエンザの一種)のR0は1.8だった。

米ハーバード大学の公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン(Eric Feigl-Ding)博士は、今回の武漢発の新型肺炎のR0が3.8であると主張し、世界的な大流行(パンデミック)になることを警告した。

感染力のすさまじさを、博士は「熱核反応的」と呼んだ。核分裂反応が加速化して進むのと同じような爆発的な広がりを持つというイメージだ。

エリック・ファイグルーディン博士の研究とは別の研究を、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。

英国のランカスター大学、グラスゴー大学ウイルス研究センター、米国のフロリダ大学の伝染病学者4人が、新型肺炎のデータ分析を行ったところ、今回の新型肺炎のROは3.6から4.0であった。

この数値は、エリック・ファイグルーディン博士とほぼ一致しているといえる。

今回の新型コロナウイルスは、「ヒトからヒトへの感染が疑われる」というレベルでは全然なく、インフルエンザウイルスよりも遥かに感染力が強かったということになる。

コロナウイルスはインフルエンザウイルスほどの感染力は持たないなんて話もあって、そうなのかもしれないなとどこかで思っていたところもあったのだが、これは幻想だったようだ。

言われているよりも遥かに危険だと認識したほうがよいのが実際のようだ。

ということは、飛沫感染どころではなく、もはや空気感染を疑わないといけないだろう。

学問的知見として現段階でどういうことが想定されているか、どういう対策を打とうとしているかを、政府は早急にまとめてしっかりと発言すべきである。

そして、その内容を日々アップデートすべきである。

決して情報をコントロールしようとしてはいけない。

日本政府が試されている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51089.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  5. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!
  2. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)
  4. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)
PAGE TOP