安全保障

厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省の「新型インフルエンザ対策行動計画」には、なかなかいいことが書かれている。

「第一段階 海外発生期」の対応として、「ウイルスの国内侵入をできるだけ阻止する」ことと「国内発生に備えて体制の整備を行う」ことが挙げられている。

主な対策としては、「発生国に滞在する在外邦人に対して必要な情報を速やかに伝達し、退避・帰国支援等必要な支援を行う」ことや、「新型インフルエンザ発生地への渡航自粛、航空機・旅客船の運航自粛等によ りウイルス侵入のリスクを軽減する」ことや、「発生国からの外国人の入国を制限するために、査証審査の厳格化や査証発給の停止の査証措置をとる」ことが列挙されている。

今回の新型コロナウイルスについても、この新型インフルエンザに対するのと同じ処置を講じればいいのではないだろうか。

すなわち、発生国である中国にいる邦人に対して帰国を促し、発生国である中国への航空機や旅客船の運行自粛を促し、発生国である中国からの外国人の入国を制限するために、ビザ発給の停止を行えばいいわけだ。

はっきり言って、新型インフルエンザよりもこの新型肺炎のほうが遥かに危険だと思えるのだが、この行動計画よりも甘い対応をとっているのは、なにか理由があるのだろうか。

サボタージュだと言われても、やむをえないだろう。

厚生労働省はしっかりと仕事を行ってもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった「新型インフルエンザ対策行動計画」
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    タッカー・カールソンがNSAに監視されている! 自由を奪おうとする勢力に警戒せよ…
  2. 人権・民主主義

    上海で「打倒腐敗!」を叫ぶデモ発生! 香港の影響大! 動画あり!(朝香 豊)
  3. 経済

    もっと歳出を増やせ! FRBのパウエル議長が要請!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
PAGE TOP