安全保障

厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省の「新型インフルエンザ対策行動計画」には、なかなかいいことが書かれている。

「第一段階 海外発生期」の対応として、「ウイルスの国内侵入をできるだけ阻止する」ことと「国内発生に備えて体制の整備を行う」ことが挙げられている。

主な対策としては、「発生国に滞在する在外邦人に対して必要な情報を速やかに伝達し、退避・帰国支援等必要な支援を行う」ことや、「新型インフルエンザ発生地への渡航自粛、航空機・旅客船の運航自粛等によ りウイルス侵入のリスクを軽減する」ことや、「発生国からの外国人の入国を制限するために、査証審査の厳格化や査証発給の停止の査証措置をとる」ことが列挙されている。

今回の新型コロナウイルスについても、この新型インフルエンザに対するのと同じ処置を講じればいいのではないだろうか。

すなわち、発生国である中国にいる邦人に対して帰国を促し、発生国である中国への航空機や旅客船の運行自粛を促し、発生国である中国からの外国人の入国を制限するために、ビザ発給の停止を行えばいいわけだ。

はっきり言って、新型インフルエンザよりもこの新型肺炎のほうが遥かに危険だと思えるのだが、この行動計画よりも甘い対応をとっているのは、なにか理由があるのだろうか。

サボタージュだと言われても、やむをえないだろう。

厚生労働省はしっかりと仕事を行ってもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった「新型インフルエンザ対策行動計画」
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    明らかになる不正選挙の手口! サンダース支持者からの告発も!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 …
  4. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    州兵の扱いがひどすぎる! フリリダ知事が激怒!(朝香 豊)
PAGE TOP