安全保障

厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省の「新型インフルエンザ対策行動計画」には、なかなかいいことが書かれている。

「第一段階 海外発生期」の対応として、「ウイルスの国内侵入をできるだけ阻止する」ことと「国内発生に備えて体制の整備を行う」ことが挙げられている。

主な対策としては、「発生国に滞在する在外邦人に対して必要な情報を速やかに伝達し、退避・帰国支援等必要な支援を行う」ことや、「新型インフルエンザ発生地への渡航自粛、航空機・旅客船の運航自粛等によ りウイルス侵入のリスクを軽減する」ことや、「発生国からの外国人の入国を制限するために、査証審査の厳格化や査証発給の停止の査証措置をとる」ことが列挙されている。

今回の新型コロナウイルスについても、この新型インフルエンザに対するのと同じ処置を講じればいいのではないだろうか。

すなわち、発生国である中国にいる邦人に対して帰国を促し、発生国である中国への航空機や旅客船の運行自粛を促し、発生国である中国からの外国人の入国を制限するために、ビザ発給の停止を行えばいいわけだ。

はっきり言って、新型インフルエンザよりもこの新型肺炎のほうが遥かに危険だと思えるのだが、この行動計画よりも甘い対応をとっているのは、なにか理由があるのだろうか。

サボタージュだと言われても、やむをえないだろう。

厚生労働省はしっかりと仕事を行ってもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった「新型インフルエンザ対策行動計画」
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!

    「大韓民国山林庁」が所有者になっていて、公示地価まで発表し…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  5. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(…
  2. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  4. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香…
PAGE TOP