安全保障

笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イスカンデル」と同系統の新型 2)米国の戦術地対地ミサイル(ATACMS)と類似した新型 3)それとは別の新型(北朝鮮が多連装ロケット砲のように見える写真を公開したもの) の3つ(場合によっては4つ)の新型があることを、事実上認めた。

防衛省が認めたということは、米国も認めたということであり、ATACMS が北朝鮮に流れていると米国も考えているということだろう。

また、「イスカンデル」に類似した新型は、最高高度が低く、落下段階では一旦水平に飛行し、その後再上昇してから落下するという複雑な軌道を取るものだったことも明らかにされている。

日本のミサイル防衛は、弾道ミサイルの放物線がそのままきれいに続くことを前提に、落下してきた途中で狙うPAC3と、弾道が極めて高い高度にある段階で撃ち落とすSM3の2種類から成り立っているが、このどちらでもこの「イスカンデル」類似型にはおそらくはうまく対応できない。

SM3が狙うには飛行高度が低空すぎるし、PAC3には狙えない複雑な動きを見せるからだ。

そもそも従来のミサイル防衛システムには穴が多すぎて、日本を守るには非力であった。

北朝鮮は300発程度のミサイルを保有していると目されているが、これらを日本に次々に発射させた場合に、日本はすぐに弾切れを起こして迎撃できなくなるのは、計算すればすぐにわかる話だ。

北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイルが搭載可能な新型潜水艦を建造しているのも確実視されている。潜水艦発射が可能となれば、これらの短距離弾道ミサイルの技術が中距離弾道ミサイルに応用される前であっても、海の中からいつでも日本を狙うことができることになる。

我が国の安全保障における北朝鮮の脅威は、もはや笑えないレベルにまで高まったと言えるだろう。

こうした事実を前に、「専守防衛」という空論から脱却すべき時がきているのではないだろうか。

これに関連する時事通信の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  3. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  5. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)
  2. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)…
  3. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香…
  5. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP