道理

広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ベラルーシの不正選挙疑惑で、「当選」したはずのルカシェンコ大統領への抗議活動が広がっている。

インターネットの調査では、ルカシェンコ大統領の支持率は3%だという結果も出ていたのに、選挙結果では8割の支持を集めたことにされ、国民が怒っているわけだ。

ベラルーシの人口は950万人ほどだが、ここで10万人を超えるデモが何度も繰り広げられている。

この状況に戦々恐々としているのが中国だ。

中国国営メディアはベラルーシの大規模デモは「政府を支援する」ためのものだとの報道を行っている。

中国国内のSNS上では、「なぜ政府を支持するために集会を開くのか」という疑問の声が上がり、これに対して「きっと当日の天気が良かったから」と揶揄する回答も見られるという。

中国共産党の機関紙の「人民日報」は「党の指示が徹底的に実行されることを保証しなければならない」と述べ、無条件に中国共産党に従うことの緊急性と必要性​​を強調した。

ベラルーシで仮に政変が起きたとすれば、中国に与える衝撃は大きいだろう。

こういう観点からも、ベラルーシ情勢は見ておきたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=8320
ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61795140R20C20A7FF8000/
画像は読売新聞から(ルカシェンコ大統領)
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200810-OYT1I50037-1.jpg
画像はニューズウィークから(ベラルーシのデモ)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2020/08/reuters__20200824114305-thumb-720xauto-211259.jpg
画像はCRI onlineから(ルカシェンコ大統領と習近平総書記)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/vgWQm0IwvhoXLoJxlNa4q6yVvHIgAwq-wNCcO86-sZ2bMseEGnExjuqVDyKGi56kaqapLiluaebMTV74c3lfwMPxIJX34P5VrTQTPVN8p2Ph6CPhvYKjEjsKMDGXNDnG3ulvSMc

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  2. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  4. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り! (朝香 豊)

    実際ビジネスとして成立しているのかさえ怪しい、家族や友人などの…

  5. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    誤解されるパウエル弁護士! ドミニオンに対する主張を取り下げたわけではない!(朝…
  4. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  5. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
PAGE TOP