安全保障

中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデン大統領の息子のハンター・バイデンが不透明な中国ビジネスと様々に関わってきたことはよく知られている。

特に有名なのは、2013年12月に父親のジョー・バイデンとともに副大統領専用機(エアフォース2)に乗って訪中した直後に、「渤海華美」(BHRパートナーズ)という投資ファンドが設立され、直ちに15億ドルという大金がこの基金の原資として国営の中国銀行から振り込まれたことだ。

対外工作を行う中国共産党統一戦線部長の冀国強氏がハンターに渤海産業投資基金を紹介し、この渤海産業投資基金との合弁事業という建前でBHRパートナーズは設立された。そしてこの役員報酬がハンターには支払われていた。

BHRパートナーズの運用資産は21億ドルあるとされるが、3年前にハンターがその10%の株式を入手した際に支払ったお金はわずか40万ドルで、その所有価値は現在では少なくとも5000万ドルに達していると言われている。

さて、このBHRパートナーズの株式をハンターは手放したということになっていたのだが、自分の所有企業のSkaneateles LLCに移管させていただけだということが後にわかった。

そしてこのSkaneateles LLCに移したBHRパートナーズの株式も実は処分中なのだという報道が、デイリー・メールやフォックス・ニュースから12月になされていたのだが、中国の企業情報を提供している启信宝 (Qixinbao)と百度(Baidu)のどちらの情報によっても、1月27日段階ではSkaneateles LLCが未だにBHRパートナーズの株式を保有したままであることがわかった。

ハンター・バイデンの顧問弁護士であるGeorge Mesires氏に、ハンターが本当にBHRパートナーズの株式を手放す手続きをしているのか、いつその手続きは終了する予定なのかを確かめるように求めても、返答していない。

バイデン家と中国との関係が未だに切れていないことを改めて示したと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

dailycaller.comの記事
https://dailycaller.com/2021/01/27/hunter-biden-ownership-stake-bhr-partners/
ハンター・バイデンの画像
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106349086-1579707072885preview.jpg?v=1589390144

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英大…

  3. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 経済

    深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!深圳…

  5. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    河野文書の上書きで、ラムザイヤー教授や金柄憲氏を支援しよう!(朝香 豊)
  3. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)
PAGE TOP