安全保障

ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべきだとの考えを表明した。

まずはドイツとフランスで共通の方針を定め、これをもとにEU全体での共通認可の仕組みを作るべきだとの立場だ。

メルケル首相の属する「キリスト教民主同盟」の党大会で、ファーウェイ製品の利用について慎重な意見が相次ぎ、連立パートナーの「社会民主同盟」でも慎重な意見が出ていることを念頭に置いたものだと思われる。

現在フランスは5Gでのファーウェイを容認する立場であり、ドイツも先月の段階では容認姿勢だった。

最近の香港やウィグルをめぐる状況や、オーストラリアに亡命した中国の元スパイの証言などから、中国に対する警戒感が急激に高まってきたことで変化が生じてきた。

ドイツで警戒感が高まっていることは、好ましい変化として受け止めたい。

ただ、貿易量の多い中国との関係を重視する立場からは、条件付き容認が落としどころになりかねず、楽観は禁物だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191128/ecn1911280027-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デン…

  2. 安全保障

    救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  3. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

  4. 安全保障

    敵基地攻撃能力の保持は当然! 河野太郎氏の欺瞞を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)

    日本の排他的経済水域(EEZ)内の「大和堆」周辺で、北朝鮮の漁…

  6. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

    北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)
PAGE TOP