安全保障

ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべきだとの考えを表明した。

まずはドイツとフランスで共通の方針を定め、これをもとにEU全体での共通認可の仕組みを作るべきだとの立場だ。

メルケル首相の属する「キリスト教民主同盟」の党大会で、ファーウェイ製品の利用について慎重な意見が相次ぎ、連立パートナーの「社会民主同盟」でも慎重な意見が出ていることを念頭に置いたものだと思われる。

現在フランスは5Gでのファーウェイを容認する立場であり、ドイツも先月の段階では容認姿勢だった。

最近の香港やウィグルをめぐる状況や、オーストラリアに亡命した中国の元スパイの証言などから、中国に対する警戒感が急激に高まってきたことで変化が生じてきた。

ドイツで警戒感が高まっていることは、好ましい変化として受け止めたい。

ただ、貿易量の多い中国との関係を重視する立場からは、条件付き容認が落としどころになりかねず、楽観は禁物だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191128/ecn1911280027-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  2. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

    米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウガンダは中国の債務トラップにはまりつつある。中国の戦略には大いに警戒心を持つべ…
  2. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香…
  3. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)
  4. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)
  5. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)…
PAGE TOP