人権・民主主義

中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フランス出身で、中国のプロバスケットボールチームに所属しているヤブセレ選手が、試合前の国歌演奏で中国の国旗を見なかったとして、罰金1400ドル(約15万円)を科された。

中国のプロバスケットボールでプレーする選手は、中国国歌が流れる際には中国国旗に目を向けることになっている。

しかしながら、ヤブセレ選手は国旗の方を見ずに下を向いている様子が確認された。

これを受けて、中国国旗に注目する義務を怠っていたとして、中国バスケットボール協会はヤブセレ選手に「厳重注意」を言い渡すと同時に罰金を科した。

なお、中国では国歌法が制定されていて、国歌への儀礼を欠いた場合は最大禁錮3年の刑が下されることになっている。

中国国内では、「フランス人である彼には過剰な要求ではないか」とか、「中国を侮辱するようなジェスチャーをしてわけでもないのに過剰反応ではないのか」という意見もある一方で、「中国から金を稼いでいるくせに敬意を欠いている」とか「こんな選手はすぐにでも追放されるべきだ」といった意見も出ている。

日の丸・君が代で大騒ぎをしている左巻きの皆さんは、この問題をどう考えるのだろうか。

ご意見を聞かせてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=20191211039473a&g=afp

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)

    韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会…

  2. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  3. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    25000人の移民集団に入国認める! バイデン政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)

    韓国のKBSテレビに対して、ある香港警察官が匿名を条件に取材に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)
  3. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)
PAGE TOP