人権・民主主義

不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国陝西省に住む雷霄(らい・しょう)さんは、5歳の女児、雷鑫睿(らい・きんえい)ちゃんを失った。

鑫睿ちゃんは生後11か月の時に「武漢生物製品研究所」が生産した「A型流行性髄膜炎ワクチン」の接種を受けた。

このワクチンを接種されてから、鑫睿ちゃんは、四肢の麻痺、意識の喪失、失明、咀嚼機能の喪失、嚥下障害などの症状に襲われ、粉ミルクと少量の流動食しか摂取できなくなっていた。

そして突然の高熱に襲われ、命を奪われたのだ。

自分のお腹を痛めて産んだ子供の命が、このように奪われる事態に陥ったら、どのように感じることだろうか。

実にいたたまれない。

だが、雷霄さんの苦しみはこれだけではなかった。

雷霄さんは中国のSNSのウェイボーに、鑫睿ちゃんが3歳になるくらいまで投稿していたが、投稿内容が反社会的とみなされたのか、ウェイボーに投稿できなくなったのだ。

仕方なく雷霄さんは中国の別のSNSのウィーチャットに投稿するようになったが、こちらも娘が死んだことを知らせる投稿をあげたところ、ブロックが掛けられた。

娘の健康を取り戻すには特別な治療が必要になり、多額の費用も発生する。

雷霄さんは当初2年間は、地方政府に対して適切な医療を求めて陳情をしていた。

だが、地方政府に訴えても、責任逃れをするだけだった。

雷霄さん同様の訴えをしていた父親と祖母は、挑発・騒乱罪で逮捕された。

実は雷霄さんも逮捕されたのだが、乳児がいる事情から保釈されていただけだ。

しかしその間は、子供を病院に連れていくことも許されず、適切な時期に治療を受けさせられなかったこともあって、最終的には娘は還らぬ人となった。

同様の被害を受けている赤ちゃんは中国には数多く、「ワクチン赤ちゃんの家」という活動団体も立ち上げられたが、同団体の発起人の何方美さんも挑発・騒乱罪で逮捕されている。

企業とその監督官庁が責任を負うべき事例で、被害者である子供とその家族に負担がしわ寄せされ、こうした家族を支えようとする活動団体も徹底して弾圧を受ける。

しかもこうしたことが例外的なことなどではないのだ。

中央政府に訴えるために北京に向かっても、地方政府の圧力で強制的に送還されてしまった。

地方政府は「北京に治療を受けに行くのなら、夫婦二人とも再度看守所に入れる」と脅している。

これが中国という国なんだということを、我々は忘れてはならない。

このニュースを伝える動画は、この下にある。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  3. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)
  4. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)
PAGE TOP