人権・民主主義

香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

元日の香港のデモは、開始後3時間ほどで中止命令が下され、中止に追い込まれた。

一部のデモ参加者が暴力的な行動に出て、親中派とされた店舗などを襲撃するなどの暴力行為を行ったことが理由だった。

ところが、その襲撃行為は、デモ隊の一部が暴走したというものとは明らかに異なっていたようだ。

犯人はデモ隊の隊列から明らかに外れて、単独行動で破壊行為に及び、市民たちから「警察ではないのか」と詰め寄られる中、仲間に守られるようにして逃走したのだ。

逃走犯はなぜか途中でヘルメットを外して、隠れていた長髪を意図的に露わにするような行動を取っている。

香港警察の男性警官であれば長髪はありえないので、敢えて長髪を晒すことで、男性警官ではないとアピールするつもりだったのかもしれない。

さらに、担いでいたナップザックを途中で投げ捨て、その中から火炎瓶かもと思われる黄色い液体のボトルがわざとらしく転がっていたりもする。

ただ、ここまで来ると、警察側が仕掛けたにしてはあまりにずさんに感じる展開で、警官側のヤラセに見せかけた、逆「ヤラセ」の疑いも持たずにはいられないくらいだ。

それでも、この動画全体を通じて明らかなのは、今回の襲撃犯がデモ隊の一部と呼べるような者では決してないということだ。

香港警察に良識があるなら、全体としての平和的なデモ行動を行う普通の市民と、その平和的なデモ行動の邪魔をする一部の者とを明確に区別し、後者のみを取り締まるべきである。

その姿勢をはっきりさせる行動に出ることがなければ、香港警察が信頼を回復させることはない。

この動画が拡散し、香港警察にそのような行動を取らせるような圧力とすることを大いに期待している。(動画はこの下です。)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  2. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  6. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    トランプ当選は神の意志! 敗北は絶対ない!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ジョージア州で発覚した異常開票状況! それでも主流派メディアは言い逃れに必死!(…
  3. 人権・民主主義

    「間違った考え」を排除しようというのは危険! 反ワクチン派の意見も平等に扱うべき…
  4. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香…
PAGE TOP