人権・民主主義

WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOがスイスのジュネーブで記者会見を開いた際に、WHOから台湾を排除していることへの批判の高まりについての指摘が、記者から上がった。

この指摘にテドロス事務局長は何も答えず、法務を担当するソロモン氏は、台湾の参加については加盟国が決める問題で、職員に決定権はないとの見方を示した。

その一方で、緊急事態対応を統括するライアン氏は、台湾は「称賛に値する」とし、「非常に良い公衆衛生の対策を取った」とコメントした。

国際世論の圧力を受けて、WHOの内部にも台湾を支持する力が強くなってきたことが伺える。

さて、このライアン氏の発言を受けて、台湾外交部の欧江安報道官は、WHOが台湾の感染防止策を肯定的に評価したことを前向きに受け止めつつ、民主的な社会でも効果的な感染対策を取れると証明した「台湾モデル」の経験を国際社会に伝えたいとの考えを示し、台湾の「完全な形」によるWHOへの参加は、台湾とWHO、国際社会がそれぞれ利益を得られる「トリプルウィン」につながると述べた。

その一方で、中国共産党政府が台湾を統治したことは一度もなく、国際組織で台湾人を代表する権利はないとした上で、台湾人によって選ばれた政府こそが、WHOで台湾人の代表を務める権利を持つことになるとの立場を、改めて説明した。

さらに、これまでの対応から、WHOが政治的な配慮による制限を受けていることは証明されているとし、台湾はその結果、理不尽で差別的な扱いを受けてきたことも指摘した。

「完全な形」での、台湾のWHOへの加盟実現ができることを、大いに期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202004190002.aspx
画像も同記事から借用
https://imgcdn.cna.com.tw/Japan/Photos/JpnNews/202004/20200419154555.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  3. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「独…

  5. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)
  2. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
  5. 経済

    中国の国策金融機関の社債が大暴落! 崩れる中国経済!(朝香豊)
PAGE TOP