人権・民主主義

WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOがスイスのジュネーブで記者会見を開いた際に、WHOから台湾を排除していることへの批判の高まりについての指摘が、記者から上がった。

この指摘にテドロス事務局長は何も答えず、法務を担当するソロモン氏は、台湾の参加については加盟国が決める問題で、職員に決定権はないとの見方を示した。

その一方で、緊急事態対応を統括するライアン氏は、台湾は「称賛に値する」とし、「非常に良い公衆衛生の対策を取った」とコメントした。

国際世論の圧力を受けて、WHOの内部にも台湾を支持する力が強くなってきたことが伺える。

さて、このライアン氏の発言を受けて、台湾外交部の欧江安報道官は、WHOが台湾の感染防止策を肯定的に評価したことを前向きに受け止めつつ、民主的な社会でも効果的な感染対策を取れると証明した「台湾モデル」の経験を国際社会に伝えたいとの考えを示し、台湾の「完全な形」によるWHOへの参加は、台湾とWHO、国際社会がそれぞれ利益を得られる「トリプルウィン」につながると述べた。

その一方で、中国共産党政府が台湾を統治したことは一度もなく、国際組織で台湾人を代表する権利はないとした上で、台湾人によって選ばれた政府こそが、WHOで台湾人の代表を務める権利を持つことになるとの立場を、改めて説明した。

さらに、これまでの対応から、WHOが政治的な配慮による制限を受けていることは証明されているとし、台湾はその結果、理不尽で差別的な扱いを受けてきたことも指摘した。

「完全な形」での、台湾のWHOへの加盟実現ができることを、大いに期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202004190002.aspx
画像も同記事から借用
https://imgcdn.cna.com.tw/Japan/Photos/JpnNews/202004/20200419154555.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

  6. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)
  2. 道理

    欧州でコロナ陽性者急増! でも死者は全然増えていない!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  4. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  5. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
PAGE TOP