安全保障

ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソフトバンクの元社員、荒木豊容疑者は、会社の機密情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。

引き出されたのは電話の基地局など通信設備に関わる情報で、在日ロシア通商代表部の職員に情報を渡していた。

逮捕されたのはよかったとしても、これを不正競争防止法違反でしか問えないとなると、罪刑はどの程度になるのだろうか。

ロシア側は、電話の基地局の保守点検や作業手順に関する情報をソフトバンクから得ていたわけだが、ロシア側が自国企業の競争力アップにこの情報をどれだけ貢献させられるかという観点では、被害範囲は小さいと考えられるからだ。

我が国の安全保障上の問題で考えれば、影響は甚大だと言えるだろうが、不正競争の防止という観点では、大きな罪に問えないことになる。

逮捕できたことはそれだけでもよかったとは言えるが、明らかなスパイ事件を、不正競争防止法違反という容疑でしか取り締まれないことの限界が露呈しているように感じる。

こういう側面からこの事件を捉えるとすれば、やはりスパイ防止法が必要だということになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259221000.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

  2. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  3. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  5. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!使い…

  6. 安全保障

    米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝香 豊)

    日本政府は来年度の米国防大学サイバー戦争指揮官養成課程に自衛隊…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)
  2. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)
PAGE TOP