安全保障

ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソフトバンクの元社員、荒木豊容疑者は、会社の機密情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。

引き出されたのは電話の基地局など通信設備に関わる情報で、在日ロシア通商代表部の職員に情報を渡していた。

逮捕されたのはよかったとしても、これを不正競争防止法違反でしか問えないとなると、罪刑はどの程度になるのだろうか。

ロシア側は、電話の基地局の保守点検や作業手順に関する情報をソフトバンクから得ていたわけだが、ロシア側が自国企業の競争力アップにこの情報をどれだけ貢献させられるかという観点では、被害範囲は小さいと考えられるからだ。

我が国の安全保障上の問題で考えれば、影響は甚大だと言えるだろうが、不正競争の防止という観点では、大きな罪に問えないことになる。

逮捕できたことはそれだけでもよかったとは言えるが、明らかなスパイ事件を、不正競争防止法違反という容疑でしか取り締まれないことの限界が露呈しているように感じる。

こういう側面からこの事件を捉えるとすれば、やはりスパイ防止法が必要だということになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259221000.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  2. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  3. 安全保障

    台湾退役将校3人を事情聴取! 中共へのスパイ行為!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  5. 安全保障

    難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 安全保障

    具体的政策のない、河野氏の「主張と政策」! イメージ路線を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが香港警察の暴力を非難! 拷問といえ…
  3. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
PAGE TOP