経済

アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカでアフリカ豚コレラ(ASF)のワクチンの開発が成功した。100%効果的であることが証明されたという。

接種から28日後に効果が見られたと、米国微生物学会は報告した。

アフリカ豚コレラのウイルスは、人への悪影響はないが、豚やイノシシに感染し、最も毒性が強いと致死率は100%近いとされる。

ちなみに、日本において影響のあった豚コレラ(CSF)とは別種のウイルスだ。

アフリカ豚コレラで養豚業に壊滅的な打撃があった地域は、東欧、ロシア、中国など世界的に広がっているが、このウイルス開発で救われることになる。

生産量が伸びるまではまだまだ時間がかかると思われるが、これによってアフリカ豚コレラの危機が去ったことは、喜ばしいことだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-29/Q4UICNT0G1KX01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

  3. 経済

    「農家保護」政策は止めるべき! 農地の徹底活用を考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  5. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  6. 経済

    菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)
  2. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)
  3. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  4. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
  5. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)
PAGE TOP