安全保障

中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党を国際的犯罪組織として指定し、その対策と制裁処置を求める法案がアメリカ議会に提出された。

中国共産党はアメリカの知的財産を国家戦略レベルで窃取し、アメリカに対するサイバー攻撃を仕掛け、スパイ行為を行い、人工薬物のフェンタニルの不法取引も行っていると、この法案を提出したペリー下院議員は述べている。

ペリー議員はまた、中国共産党が中国の正当な支配者であると認められているがために、罪のない人々を強制的に拘束したり、民族文化を改変したり、少数民族言語を圧迫したり、良心の囚人の臓器を強制的に摘出しても責任から逃れることができているとも指摘している。

その上で、中国共産党が行なっている犯罪行為を暴き、中国共産党とその追随者を起訴するための懲罰的措置をとることが重要であると述べた。

その上で、中国共産党の悪行と戦うための政府一丸となった取り組みを採用しなければならないと主張した。

アメリカの対中圧力はさらに高まることが予想される。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のスコット・ペリー議員のページ
https://perry.house.gov/news/documentsingle.aspx?DocumentID=402500
YouTubeのサムネイルからの引用画像(Scott Perry議員)
https://i.ytimg.com/vi/Mde9HCU8wBU/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  5. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  6. 経済

    給与の遅延や給与のカット! 大混乱に陥る中国経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
PAGE TOP