人権・民主主義

アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リベラル系のメディアは、なぜか中国批判を避ける傾向にあるが、これは日本だけに限った話ではない。

今や米中対立の一方の当事者であるはずのアメリカでも、リベラル系のメディアは中国批判を避けていることが明らかになった。

アメリカのメディア監視団体「メディア・リサーチ・センター」は、1月17日~3月13日までの平日のアメリカ3大テレビネットワーク(NBC、ABC、CBS)のイブニング・ニュースの報道を分析した。

この結果、アメリカ3大テレビネットワークの放送は、毎回ほとんどが中国発のこのウイルス感染について扱っていたにもかかわらず、この話題に費やした放送時間634分のうち、中国政府に批判的な話題は3分14秒にとどまっていた。

634分のうち3分14秒ということなので、中国批判に使われていた時間は0.5%程度ということになる。

具体的に見てみよう。

新型コロナウイルスについて警告を発して処罰された李文亮医師が亡くなったことについて、3大テレビネットワークが扱ったのは合計で27秒だけで、警察によって黙らされたというタイトル表示を加えて報じたのはNBCだけだった。

2002年から2003年にかけて流行したSARSについて、中国が過小に扱って激しい非難を浴びたことを取り上げたのはCBSだけであり、NBCもABCもこの件について取り上げていなかった。

この他に中国政府に批判的な放送があったのは、中国が検閲をしていたことで感染が広がったという怒りが香港で起こっていることを扱ったNBCのニュースだけだった。

中国が公表する経済系のデータが中国共産党の都合に合わせて作られたものであるのは、前々から知られていることにも関わらず、中国の感染者数や死者数のデータの正確性に疑いを挟むことも、3大テレビネットワークはやっていなかった。

同センターが特に問題にしているのは、アメリカの主流派メディアは、アメリカの政治家を批判する際には明らかに何の問題もないのに、もっと大きい問題をはらんでいる中国共産党などのひどい行動については口を閉ざしてしまうことだという。

こうした話を読むと、アメリカも日本もリベラル派のメディアは同じようなことをやっていることがわかる。

米中対立が激化する中で、アメリカが反中でかなりまとまっているイメージを私たちは持ちがちだが、リベラルの闇はアメリカの中でもまだまだ大きい。

近年はこれら3大テレビネットワークを脅かす存在として、保守系のFOXが台頭しているが、FOXの影響力を過信してはいけないなと、改めて感じた。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFOX NEWSの記事
https://www.foxnews.com/media/evening-newscasts-rarely-criticize-chinas-handling-of-coronavirus-study-says
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53679.html
画像はピンタレストから
https://i.pinimg.com/originals/aa/97/ff/aa97ff401450042fe9dac4b676f3eb7c.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  4. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件

    中国で起こった医療の闇の事件。北京で、急性リンパ性…

  5. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  2. 道理

    BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)
PAGE TOP