安全保障

ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンは中国共産党の習近平総書記とも関係ができていたことがわかった。

バイデンの中国人脈を支えたのは、台湾の実業家のMichael Lin氏である。

Lin氏は台湾生まれだが、ハンターと同じイェール大学の卒業生で、卒業後に投資銀行でキャリアを積み、北京大学系列の大企業である北大方正集団の国際投資部門に参加した人物だ。

イェール人脈を通じてハンターと知り合いになったLin氏は、ハンターと知り合いであることを有効に利用して、中国トップ級に人脈を広げていった。

中国の人脈が、アメリカの副大統領の息子のハンターと知り合いであるというLin氏に興味を持ったのは当然である。

こうした人脈を利用して、Lin氏は2010年にハンターが初めて中国を訪問した際に、ハンターと中国の要人との会合を次々とセットした。

その中には中国の中核的な投資事業体の経営層が数多く含まれ、その多くはハンターが中国で展開するビジネスのパートナーとなった。

2012年にハンターは中国国営のベンチャーキャピタルと自分が役員を務めるセネカとの初めて契約を成立させたが、この契約の調印式には当時中国の副主席であった習近平が中国側を代表して参加し、サインしている。

2013年にはLin氏の協力でという米中合弁の投資会社が設立され、ハンターは現在も傘下の投資会社のSkaneateeles LLCとThornton Groupを通じて、同社の株式を保有していることがわかっている。

このBHR Partnersは、ウイグルなどで人権弾圧に使われている顔認識プラットフォーム「Face++」を開発しているMegvii(北京曠視科技有限公司)にも投資している。

息子がこうした倫理的に問題のある投資を行い、中国共産党とも深い関係を築いていることを、父親であるジョー・バイデンはなんとも思わず、やめさせようともしていないのだろうか。

そんな人物がアメリカの主流派マスコミから激しく擁護されている構図は、なんともおぞましいと言うほかないだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のアップルデイリーの記事
https://hk.appledaily.com/news/20201016/YZDGZQADGVESFOKHEVR5MEUXXE/
ネタ元のアップルデイリーの記事
https://hk.appledaily.com/news/20201016/P5TT3H7HABEMNH3ZH6FMYCZDBU/
ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=10094

アップルデイリーからの引用画像(Michael LinとHunter Biden)
https://hk.appledaily.com/resizer/QIgYU0lUUoctNmBoTzv5O9YUz18=/460×264/filters:quality(100)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/appledaily/RXOXZIN22FGFVFPPVTBREJJ55Y.jpg
CNBCからの引用画像(習近平総書記)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106237415-1573481552152rtx78e3r.jpg?v=1573481622
WordPressのための便利帳からの引用画像(Face++)
https://www.wp-benricho.com/www/wp-content/uploads/2015/01/7b232046a99a110b6f83daf0f4187d9a-650×267.png
Tennessee Starからの引用画像(Hunter Biden-BHR)
https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2019_40/3033201/191001-joe-biden-hunter-china-cs-354p_f8f375533a90ff93de2ba2994b8f1ae8.nbcnews-fp-1200-630.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  2. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  6. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊…
PAGE TOP