安全保障

ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンは中国共産党の習近平総書記とも関係ができていたことがわかった。

バイデンの中国人脈を支えたのは、台湾の実業家のMichael Lin氏である。

Lin氏は台湾生まれだが、ハンターと同じイェール大学の卒業生で、卒業後に投資銀行でキャリアを積み、北京大学系列の大企業である北大方正集団の国際投資部門に参加した人物だ。

イェール人脈を通じてハンターと知り合いになったLin氏は、ハンターと知り合いであることを有効に利用して、中国トップ級に人脈を広げていった。

中国の人脈が、アメリカの副大統領の息子のハンターと知り合いであるというLin氏に興味を持ったのは当然である。

こうした人脈を利用して、Lin氏は2010年にハンターが初めて中国を訪問した際に、ハンターと中国の要人との会合を次々とセットした。

その中には中国の中核的な投資事業体の経営層が数多く含まれ、その多くはハンターが中国で展開するビジネスのパートナーとなった。

2012年にハンターは中国国営のベンチャーキャピタルと自分が役員を務めるセネカとの初めて契約を成立させたが、この契約の調印式には当時中国の副主席であった習近平が中国側を代表して参加し、サインしている。

2013年にはLin氏の協力でという米中合弁の投資会社が設立され、ハンターは現在も傘下の投資会社のSkaneateeles LLCとThornton Groupを通じて、同社の株式を保有していることがわかっている。

このBHR Partnersは、ウイグルなどで人権弾圧に使われている顔認識プラットフォーム「Face++」を開発しているMegvii(北京曠視科技有限公司)にも投資している。

息子がこうした倫理的に問題のある投資を行い、中国共産党とも深い関係を築いていることを、父親であるジョー・バイデンはなんとも思わず、やめさせようともしていないのだろうか。

そんな人物がアメリカの主流派マスコミから激しく擁護されている構図は、なんともおぞましいと言うほかないだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のアップルデイリーの記事
https://hk.appledaily.com/news/20201016/YZDGZQADGVESFOKHEVR5MEUXXE/
ネタ元のアップルデイリーの記事
https://hk.appledaily.com/news/20201016/P5TT3H7HABEMNH3ZH6FMYCZDBU/
ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=10094

アップルデイリーからの引用画像(Michael LinとHunter Biden)
https://hk.appledaily.com/resizer/QIgYU0lUUoctNmBoTzv5O9YUz18=/460×264/filters:quality(100)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/appledaily/RXOXZIN22FGFVFPPVTBREJJ55Y.jpg
CNBCからの引用画像(習近平総書記)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106237415-1573481552152rtx78e3r.jpg?v=1573481622
WordPressのための便利帳からの引用画像(Face++)
https://www.wp-benricho.com/www/wp-content/uploads/2015/01/7b232046a99a110b6f83daf0f4187d9a-650×267.png
Tennessee Starからの引用画像(Hunter Biden-BHR)
https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2019_40/3033201/191001-joe-biden-hunter-china-cs-354p_f8f375533a90ff93de2ba2994b8f1ae8.nbcnews-fp-1200-630.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  2. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  3. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

  4. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  2. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)
  3. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    州知事拉致未遂の犯人は反警察グループだ! 「白人至上主義者」は悪質なフェイク!(…
PAGE TOP