安全保障

中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」というものがある。中国から海外に留学・就職した人材を呼び戻すものもあるが、ハイレベル外国人を招致するものもある。

中国の科学的発展に貢献させるために、中国共産党の「中央人材工作協調チーム」が主導しているものだ。

これに応募して認められると、最初の段階で1500万円ほどが無税でもらえ、住宅手当、飲食手当、引越し費、親族訪問費、子女の教育費などが免税扱いになる。

配偶者についても、ハイレベルな仕事を斡旋したり、生活補助金を出すことが確約され、子女の就学についても志望に応じて便宜を図ることが約束される。

この「千人計画」の在米責任者として、米国内でリクルート活動を行っていた柳忠三を、米連邦裁判所はビザ詐称の共謀罪で起訴した。

自分の任務を手伝う中国政府職員を、大学の研究員であるかのように偽装させて、アメリカの調査研究者ビザを不正に取得させるのを幇助した模様だ。

ジョージア州の大学で研究するという名目でビザを取得しつつ、ニューヨークばかりで活動していたために、不正が発覚したようだ。

柳は在米中国大使館、在ニューヨーク中国領事館から定期的に指示を受けていた。自分の手伝いをする職員のビザ取得を容易にするために、中国大使館員だと偽装する提案も行なっていた。

アメリカ司法省の副長官で、国家安全保障担当官でもあるジョン・デマース氏は、「米国の研究とノウハウを中国に転用し自国の利益を促進しようとする中国政府の試みに、引き続き対抗する」と述べている。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

  2. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  3. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  5. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  6. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    台湾政府が米3紙に台湾に拠点設置を提案! 中国に対抗!(朝香 豊)
  2. 道理

    接待は東北新社だけではない! 足立議員が指摘!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    低レベルないじりの太田光! 番組を準備したTBSの責任も大!(朝香 豊)
  4. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
PAGE TOP