安全保障

中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」というものがある。中国から海外に留学・就職した人材を呼び戻すものもあるが、ハイレベル外国人を招致するものもある。

中国の科学的発展に貢献させるために、中国共産党の「中央人材工作協調チーム」が主導しているものだ。

これに応募して認められると、最初の段階で1500万円ほどが無税でもらえ、住宅手当、飲食手当、引越し費、親族訪問費、子女の教育費などが免税扱いになる。

配偶者についても、ハイレベルな仕事を斡旋したり、生活補助金を出すことが確約され、子女の就学についても志望に応じて便宜を図ることが約束される。

この「千人計画」の在米責任者として、米国内でリクルート活動を行っていた柳忠三を、米連邦裁判所はビザ詐称の共謀罪で起訴した。

自分の任務を手伝う中国政府職員を、大学の研究員であるかのように偽装させて、アメリカの調査研究者ビザを不正に取得させるのを幇助した模様だ。

ジョージア州の大学で研究するという名目でビザを取得しつつ、ニューヨークばかりで活動していたために、不正が発覚したようだ。

柳は在米中国大使館、在ニューヨーク中国領事館から定期的に指示を受けていた。自分の手伝いをする職員のビザ取得を容易にするために、中国大使館員だと偽装する提案も行なっていた。

アメリカ司法省の副長官で、国家安全保障担当官でもあるジョン・デマース氏は、「米国の研究とノウハウを中国に転用し自国の利益を促進しようとする中国政府の試みに、引き続き対抗する」と述べている。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  2. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  3. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

  4. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

  6. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国、検察解体へ大なた! 政権批判を抹殺へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)
  3. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)
PAGE TOP