安全保障

中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」というものがある。中国から海外に留学・就職した人材を呼び戻すものもあるが、ハイレベル外国人を招致するものもある。

中国の科学的発展に貢献させるために、中国共産党の「中央人材工作協調チーム」が主導しているものだ。

これに応募して認められると、最初の段階で1500万円ほどが無税でもらえ、住宅手当、飲食手当、引越し費、親族訪問費、子女の教育費などが免税扱いになる。

配偶者についても、ハイレベルな仕事を斡旋したり、生活補助金を出すことが確約され、子女の就学についても志望に応じて便宜を図ることが約束される。

この「千人計画」の在米責任者として、米国内でリクルート活動を行っていた柳忠三を、米連邦裁判所はビザ詐称の共謀罪で起訴した。

自分の任務を手伝う中国政府職員を、大学の研究員であるかのように偽装させて、アメリカの調査研究者ビザを不正に取得させるのを幇助した模様だ。

ジョージア州の大学で研究するという名目でビザを取得しつつ、ニューヨークばかりで活動していたために、不正が発覚したようだ。

柳は在米中国大使館、在ニューヨーク中国領事館から定期的に指示を受けていた。自分の手伝いをする職員のビザ取得を容易にするために、中国大使館員だと偽装する提案も行なっていた。

アメリカ司法省の副長官で、国家安全保障担当官でもあるジョン・デマース氏は、「米国の研究とノウハウを中国に転用し自国の利益を促進しようとする中国政府の試みに、引き続き対抗する」と述べている。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    学校の反日偏向を告発した高校生が、逆にいじめの対象に! 韓国!(朝香 豊)
  3. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)
  4. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレン…
  5. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
PAGE TOP