安全保障

韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指摘!(朝香 豊)

韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は「北朝鮮が移動式発射台で大陸間弾道ミサイルを発射するのは困難」と主張した。

これに対して米ミドルベリー国際問題研究所のジェフリー・ルイス上級研究員は、「これほど完璧なたわ言を口にしたとは信じられない」と、コメントした。

米国科学者連盟のシニアフェローのアンキット・パンダ氏も「韓国の国家安保室長が『開いた口がふさがらないほどの大うそ』をついた」と批判した。

こうした専門家が相次いで「たわごと」だの「大うそ」だのと厳しく批判しているのは、北朝鮮が移動式発射台を作ったのは、先代の金正日時代のことだからだ。つまり、ずっと前から行われていることでしかないからだ。

北朝鮮の脅威を実際よりも小さく見せるために、ここまでのうそをつくのかと、こうしたアメリカの軍事専門家が呆れているわけだ。

しかし、こうしたうそなどを指摘したとしても、文在寅政権の日韓GSOMIAに対する態度は変わることはないようだ。

訪韓しているスティルウェル米国務次官補は、韓国の金鉉宗国家安保室第2次長と会談したが、韓国側は「GSOMIA終了決定に対する我々の見解は同じだ」との姿勢を崩さなかった。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/07/2019110780027.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)

    北朝鮮は、韓国の文在寅政権が日韓GSOMIA維持を決めたことに…

  2. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オク…

  3. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  4. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立と…
  5. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
PAGE TOP