安全保障

中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝香 豊)

米議会はトランプ政権よりも対中強硬姿勢を強めている。

中国が軍事技術を含む米国の知的財産を窃取していることへの対策推進を、アメリカの国会議員は共和党・民主党の垣根を超えて求めている。

彼らは「米国における中国の経済スパイ活動を停止」させるため、国防総省に中国軍と関わる企業のリストを作成して早急に発表するよう要請した。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ラトクリフ報告がようやく出る! 遅すぎ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラト…

  2. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  3. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  5. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  6. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!FB…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    アフリカでワクチンの臨床試験の方向に、激しい非難! そんなに悪いことか?(朝香 …
  2. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  3. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)
PAGE TOP