安全保障

台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は台湾の「遠東集団」とその傘下企業に違法行為があったとして、遠東集団と傘下企業に対し、罰金や追徴課税の処分を下した。環境保護や土地利用、品質管理など幅広い分野にわたって違法行為があったとされ、罰金額は計8862万元(約16億円)に上る。

読売新聞の報道によると、上海市や江蘇省など5省市で地元当局によって処分が下されたことになっているが、5省市で一斉に行われていることからすれば、中央政府の意思が介在しているのは間違いないだろう。

中国の国務院台湾事務弁公室の報道官は露骨にも「『台湾独立』を支持し、両岸関係(中国と台湾との関係)を損なう者が大陸で金もうけすることは絶対に許さない」と中国で事業を行う台湾企業に警告した。

これは「遠東集団」に違法行為が本当にあったのかどうかも疑わせる話である。台湾の蔡英文政権が「現状維持」方針、すなわち事実上の中国・台湾二国家固定論を推し進めていることに対する嫌がらせであると見るべきである。

今回のこの動きは、経済安全保障上重大な話である。林芳正外相は中国国務院のこのコメントについて、「中国で事業を営む日系企業の操業の安定にも影響を及ぼしかねない重大なものであり、その真意を明確にしていただく必要がある。このようなことが行われるようであれば、日系企業に対して製造拠点を中国国外に移すように、日本政府としても勧告せざるをえなくなる」くらいの発言をしてみるべきではないのか。

こうした発言であれば、中国に進出している日本企業への危害も懸念する必要もないだろう。

力で押してくる国家に対しては、知恵を使う必要がある。原則を踏み外さないで現実的な圧力となる政策を日本政府は考えるべきである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

選挙後に起こった、許せない岸田内閣の親中姿勢への露骨な転換! 地方議会から岸田内閣包囲網を!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7043

中国海軍が領海侵入! 中露爆撃機が日本周辺を飛来! 対中弱腰の帰結であることを直視せよ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7039

中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6942

落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6902

www.yomiuri.co.jpの記事
https://www.yomiuri.co.jp/world/20211123-OYT1T50071/
中国・台湾国旗の画像
https://wedge.ismcdn.jp/mwimgs/0/4/900/img_04f4a29a9219443d13205c660fc1b39127315.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

  3. 経済

    中国企業の過剰債務! システミック・リスクの危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  6. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
PAGE TOP