人権・民主主義

全米に広がるフロイド氏殺害に対する抗議! これを正当化してはならない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミネソタ州のミネアポリスで、支払いにニセ札を使った疑いを持たれたジョージ・フロイド氏が白人警官によって逮捕され、路上で首の部分を膝で押さえ続けられたことで死に至らされた。

この事件の詳細については、以前にもブログで取り扱ったので、今回はその点については書かないが、この騒動はその後全米に広がり、ミネアポリス以外でも放火や略奪が相次いだ。

ホワイトハウス前でも、「私たちを殺すのをやめろ」などと騒いで敷地内に乱入しようとする抗議者が殺到し、シークレットサービスとの間でもみ合いになった。

この騒ぎをどう見るべきか。

事件に関与した警官が野放しにされているのであれば、騒ぎが起こるのはまだ理解できる。

だが、その場にいた警官が全員懲戒免職になって、「実行犯」の警官は殺人罪の容疑で逮捕されているのだ。

これ以上、州政府や連邦政府に何をしろというのか。

抗議活動に参加している人たちは、今も根強く残るアメリカ社会の黒人差別が今回も現れたのであり、それに対する抗議だというのだろうと思う。

それがそのままそうだとしても、では政府にはこれ以上の一体何ができるというのか。

トランプ大統領の政治が悪いから、ウォルツ州知事の行政が悪いから、この事件が起きたわけではあるまい。

法定手続きを無視して、この白人警官をすぐさま公開処刑にすればいいのだろうか。

そもそも、心の奥底で個々人がどんな感情を持っていても、それは自由ではないのか。

肌の色の違う人に対して警戒心を持つのは、人間の本能に立脚するものであり、どうしようもない。

理性的に差別をしまいと思って行動することも大切だろうが、すべての人が高い理性によってしっかりと自己統御できるなどと考えることは非現実的だろう。

また、会社が社員を雇用するような場合、インスピレーションというのは意外に大切だ。

そしてインスピレーションが本能と切り離すことができない以上、そこに人種が絡むこともやむをえない。

また、採用者が人種差別にならないように採用を心がけていたとしても、黒人の応募者が落とされたら、それを人種差別のせいだと勝手に思い込むということも、十分ありうることだ。

そもそも社会の上層部に白人が多く、その結果として白人が優位になりがちだというのは、アメリカの歴史からしてやむをえないところがある。

現在は過去の延長線上にしかないのであり、その中で地道に改良していくしか道はない。

その改良が全然進んでいないように活動家の人たちは思っているようだが、この100年間で黒人の地位はすさまじく向上した。

多くの白人の支持がなければ、黒人が大統領になることなどありえないだろう。

黒人の人達を含めて、理性的にものごとを見ることのできる人たちは、この騒ぎが白人と黒人の分断を引き起こし、黒人への偏見を却って高めてしまうことを理解しているはずだ。

だからこうした無法な活動に対して「理解」など示してはならない。

放火したり、略奪したり、庁舎に乱入しようとしたりするのは、一切正当化できない。

この事件を受けて、トランプ大統領は、「多くのアメリカ人が恐れと怒りと悲しみでいっぱいになった」とし、今必要なのは「憎しみではなく癒しであり、混乱ではなく正義だ」と述べながら、暴れている人たちを「略奪者と無政府主義者」だと断じて、「暴れる暴徒が支配することは許さない。そうはさせない」と強調した。

この発言は「リベラル」派が非難するような、暴力を美化するようなものではなく、為政者の発言として極めて正当なものだと思う。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBBCのページ
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52863506
画像も同記事から
https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/9B60/production/_112567793_hi061701384.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香 豊)

    世界各国の記者で作る「国際調査報道ジャーナリスト連合」は、中国…

  2. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)

    あれれ? これはちょっとおかしくないか。2015年にフ…

  3. 道理

    「あいちトリエンナーレ」への補助金不交付へ! (朝香 豊)

    文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に関して、愛知県からの…

  4. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英大…

  5. 安全保障

    アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アト…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)…
PAGE TOP