道理

全トヨタ労連が支援枠組みの入れ替え! 立憲民主の支援を絞る!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トヨタグループ各社からなる巨大労組「全トヨタ労働組合連合会」(全トヨタ労連)が、旧民主党系議員と連携する従来の枠組みを見直し、組織内候補4人以外は支援する候補を5人に絞った。5人の3人は立憲民主だが、残り2人は国民民主である。端的に言えば、立憲民主の支援候補を今回かなり絞り込んだ形になる。同連合会には約35万人が加盟している。

この動きの背景には、国会で政権の揚げ足取りばかりを繰り返し、建設的な議論をなかなか進めない立憲民主への不信感がある。現在自動車業界は脱炭素や自動運転を巡って激変期にある。この中で日本の自動車産業を守るために動いてくれないのであれば、自動車産業の雇用も守れないことになる。この点を強く意識して動いてくれる議員でないと、労組としても支援できないというわけだ。労組と野党の関係に一石を投じる動きとして大いに注目される。

近年の立憲民主の共産への接近は著しい。東京都議選挙において立憲民主党の安住淳国対委員長は、共産との間で候補者を一本化してトップ当選した武蔵野市や中野区の例を挙げて、「如実に成果が出た」と強調した。さらに連合東京が支援した国民民主党の候補4人が全員落選したことを踏まえ、「リアルパワーは何なのかを冷静に見なければ」と語った。つまり、連合の推薦には「リアルパワー」は乏しく、共産の方が遥かに「リアルパワー」があるとの認識だ。

この立憲民主の姿勢と国民民主の姿勢は相容れない。国民民主党の玉木代表は共産党を「全体主義」だと呼び、これに共産党が撤回を申し入れても拒絶した。そして連合傘下の民間労組の中にはこの国民民主の姿勢を評価する動きは割と強い。

それどころか、連合には自民党に接近する動きもあり、自民党との政策懇談会も半年に1度の割合で開かれている。

全トヨタ労連が始めた動きが民間労組に次々と波及し、これが政界再編につながる流れになるというのは、現時点では楽観的にすぎるだろう。だがそれでも、来る総選挙での野党連合に乱れが生じるのは避けられず、この影響は大きい。

また、非現実連合としての立憲民主と共産が切り離され、彼らを相手にしないでも現実野党と与党でもって政策が議論できる流れが長期的にはできるかもしれないという展望が開けてきたことは歓迎したい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210803-ZFBOHNXCFZPRFILNDXXJARCAEM/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210705-DUSN27PVURPVRMBEPTIG5Y6QD4/ff_source=Twitter&ff_campaign=websitesharingbuttons
www.yomiuri.co.jpの記事
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210729-OYT1T50360/
全トヨタ労連の画像
https://i.ytimg.com/vi/5xcjito5ezA/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 道理

    故中村哲氏に旭日小綬章と感謝状授与! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中村…

  4. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)
  2. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝…
  4. 未分類

    立憲民主党で新代表に泉氏が当選! 誰がなっても混乱は必至!(朝香 豊)
  5. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)
PAGE TOP