道理

全トヨタ労連が支援枠組みの入れ替え! 立憲民主の支援を絞る!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トヨタグループ各社からなる巨大労組「全トヨタ労働組合連合会」(全トヨタ労連)が、旧民主党系議員と連携する従来の枠組みを見直し、組織内候補4人以外は支援する候補を5人に絞った。5人の3人は立憲民主だが、残り2人は国民民主である。端的に言えば、立憲民主の支援候補を今回かなり絞り込んだ形になる。同連合会には約35万人が加盟している。

この動きの背景には、国会で政権の揚げ足取りばかりを繰り返し、建設的な議論をなかなか進めない立憲民主への不信感がある。現在自動車業界は脱炭素や自動運転を巡って激変期にある。この中で日本の自動車産業を守るために動いてくれないのであれば、自動車産業の雇用も守れないことになる。この点を強く意識して動いてくれる議員でないと、労組としても支援できないというわけだ。労組と野党の関係に一石を投じる動きとして大いに注目される。

近年の立憲民主の共産への接近は著しい。東京都議選挙において立憲民主党の安住淳国対委員長は、共産との間で候補者を一本化してトップ当選した武蔵野市や中野区の例を挙げて、「如実に成果が出た」と強調した。さらに連合東京が支援した国民民主党の候補4人が全員落選したことを踏まえ、「リアルパワーは何なのかを冷静に見なければ」と語った。つまり、連合の推薦には「リアルパワー」は乏しく、共産の方が遥かに「リアルパワー」があるとの認識だ。

この立憲民主の姿勢と国民民主の姿勢は相容れない。国民民主党の玉木代表は共産党を「全体主義」だと呼び、これに共産党が撤回を申し入れても拒絶した。そして連合傘下の民間労組の中にはこの国民民主の姿勢を評価する動きは割と強い。

それどころか、連合には自民党に接近する動きもあり、自民党との政策懇談会も半年に1度の割合で開かれている。

全トヨタ労連が始めた動きが民間労組に次々と波及し、これが政界再編につながる流れになるというのは、現時点では楽観的にすぎるだろう。だがそれでも、来る総選挙での野党連合に乱れが生じるのは避けられず、この影響は大きい。

また、非現実連合としての立憲民主と共産が切り離され、彼らを相手にしないでも現実野党と与党でもって政策が議論できる流れが長期的にはできるかもしれないという展望が開けてきたことは歓迎したい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210803-ZFBOHNXCFZPRFILNDXXJARCAEM/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210705-DUSN27PVURPVRMBEPTIG5Y6QD4/ff_source=Twitter&ff_campaign=websitesharingbuttons
www.yomiuri.co.jpの記事
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210729-OYT1T50360/
全トヨタ労連の画像
https://i.ytimg.com/vi/5xcjito5ezA/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  2. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  4. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  5. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)
PAGE TOP