未分類

反岸田を主眼にする二階派の動き! 最後は高市総裁誕生へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

自民党総裁選挙をめぐる二階派の対応に関して、相矛盾する2つの報道が出てきた。

1つは1回目の投票も決選投票もともに「自主投票」にするというものだ。二階派の重鎮である河村建夫元官房長官は「気持ちは一つだが、それぞれの立場を尊重したい」と記者団に語っている。

だがその一方で二階氏は、決選投票となった場合、二階派が結束して対応するかと問われ、「対応したくない人は、出て行ってもらうしかしようがない。ちょっと愚問じゃないかな。こういうプロの世界では」と述べた。つまり、派閥のメンバーには派閥の指示通りに動くことを求めたということになる。

これを整合的に理解しようとすれば、二階派は派を挙げて全員で特定候補にまとめることはしないが、誰がどの候補に投票するかは派閥の指示で決め、その通りに行動させるということだろう。

二階氏は自らの影響力排除を打ち出した岸田氏だけは絶対に許さないという立場であり、1回目の投票で岸田氏が3位になるように票を動かすつもりなのだろう。

二階氏の票読みが正しく当たれば、1位と2位は河野氏と高市氏になるはずだ。そしてこの段階で河野氏が勝てると見れば、河野氏に票を集中させて河野氏を当選させるつもりだろう。とはいえ、二階派の票がゼロでも河野氏が当選する事態にはならないだろうから、河野氏に頭を下げさせて二階派としての取引を行う算段だろう。

河野氏の芽が薄いとみれば、高市氏に多くの票を回すことになる。この時にも高市陣営に対して二階派としての見返りを必ず求めてくるだろう。高市氏は首を縦に振りたくないかもしれないが、そういう場合には安倍前総理が首を縦に振らせる動きに出るのではないか。

こうなると、第1回の投票結果がどうなるかが一番の見ものであるが、河野氏は立憲民主党並の曖昧な政策論や日本端子問題などで人気は下降しており、当初ほどの勢いがないのはよく知られている。

二階派が河野氏を勝たせることよりも、岸田氏を2位にさせないことに力点を入れていると思われることから、二階派から高市氏へ流れる票は割と多めであるのではないかと考えられる。

この結果、第1回の投票で高市氏の勢いが明らかに強いイメージとなる可能性が高く、そうなると二階派は決選投票でも高市氏に対する投票を厚めにする流れに出るのではないだろうか。

二階派の助けを借りるのはシャクなところもあるとしても、こうした流れによって高市総裁が最終的に選出される可能性はかなり広がってきたと言える。

自民党総裁選挙は本当に面白くなってきた。奇跡が生まれるのを楽しみにしようではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

抑止力を求めながら敵基地攻撃能力を否定するのは矛盾だ! おかしな河野氏の議論!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6844

破綻確定の河野氏の年金改革案! かつて民主党も同じ主張を行い、謝罪している!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6840

答えたくない議論から逃げる河野太郎氏! 彼を日本のリーダーにするわけにはいかない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6828

具体的政策のない、河野氏の「主張と政策」! イメージ路線を許すな!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6820

正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6813

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210928-4QJ4BS5FCVMUDB2GUUNIDV2IHQ/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210928-TEWRZPHZJBPZHPYYCF4QBEUM6Q/
二階俊博氏の画像
https://www.asahicom.jp/articles/images/hw414_AS20210928001186_comm.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  2. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  3. 未分類

    佐々木氏の辞任は不必要! 渡辺直美オリンピッグ騒動!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします! 東…

  4. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

  5. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広州…

  6. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武徳…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
  2. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
  3. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
  5. 外交

    韓国が日本の対韓輸出規制の「不当性」を専門家会合で指摘! 日本はどう反応したのか…
PAGE TOP