未分類

バイデン氏また問題発言! 麻薬犯罪で刑務所に行くべきではない??(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ民主党の大統領候補として確定したバイデン前副大統領はもともと失言の多い人ではあるが、最近は一層輪をかけてひどくなっているとの指摘もある。

実際、このバイデン候補が、改めて物議を醸す発言を行った。

黒人の番組司会者とオンラインで対話した際に、バイデン候補は「私を支持するかトランプを支持するかで迷っているなら、黒人ではない」と発言したのだ。

黒人の司会者は、番組の終盤で、まだ聞きたいことがあるので、改めて出演をお願いしたいと述べたことに対する返信だった。

実に傲慢な発言だ。

トランプ氏を支持する黒人がいてはいけないのか。

さらに意味不明な発言もあった。

「誰も麻薬犯罪で刑務所に行くべきではない。誰だって行くべきではない。誰だってだ。どんな犯罪だって、特にマリファナの場合には、刑務所に行く意味がない。」というものだ。

マリファナの害が過大評価されているという話はよくあり、実際嗜好品としてマリファナが合法的に認められている州もいくつかある。

だから、マリファナについては州の違いを超えて認めればいいというのは、意見としては理解できる。

だが、どんなドラッグでも誰一人刑務所に行くべきではないというのはどうなんだろう。

こんな人を大統領候補として担いで、アメリカ民主党は本当に大丈夫か?

アメリカの主要メディアは「リベラル」であり、民主党の味方なので、バイデン氏の足を引っ張るような報道はあまりしない。

バイデン氏のセクハラ疑惑の追及とかはほとんどやらず、こういう点ではトランプ大統領側とは明らかに非対称的な扱いだ。

だが、バイデン候補については、今後もいろいろと問題発言を行ってくれるだろう。

もちろんこういう問題発言のすべてを、「リベラル」系のマスコミがきちんと取り上げるかといえば、おそらくはそんなことはないだろう。

ただ、そうした発言をトランプ陣営はテレビの選挙広告に使うこともできるし、大統領候補の討論会のネタとしても使うことができる。

コロナのせいで経済が無茶苦茶になり、トランプ再選は厳しくなっていると指摘されるが、この点をバイデン氏が失言で補ってくれるのはありがたい。

今のところトランプ大統領には厳しい戦いになっているが、何とか再選を果たすことを願っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWashington Examinerの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/biden-no-one-should-be-going-to-jail-for-drug-crime-period

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    日本の緊急の課題!少子化対策と地球寒冷化への備え(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!超リ…

  3. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!情報…

  5. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
  3. 中国

    中国で末端の行政単位に行政執法権付与の愚策! 追い詰められた中国共産党!(朝香 …
  4. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)
  5. 経済

    FRBが金利の据え置きを決定! だが景気は減速している!(朝香 豊)
PAGE TOP