未分類

金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

朝鮮労働党の金正恩委員長がすでに脳死状態になっているのではないかとの観測が広く流れ、そのような情報が流れていることについて、私もFacebookで情報を流した。

相矛盾する情報が様々に流れている中ではあるが、金正恩委員長の心臓に異変があり、緊急手術を受けなければならなくなるほどに重篤化したのは事実としても、脳死状態に至ったという可能性は低いのではないかと考えている。

一番の根拠は、トランプ大統領が重篤説を報じたCNNの報道について、「あれはCNNがやらかしたフェイクニュースじゃないのか」(I think it was a fake report done by CNN)、「奴らは古い資料を使ったんだ」(they used old documents)と述べていることだ。

「古い資料」というのは、金正恩委員長が体に異変が生じて緊急手術を受けるほど重篤な状態に陥ったという内容の情報のことを言っていて、その後に回復過程に戻ったという内容がCNNの報道には入っていないので、不完全で「フェイクだ」と、トランプ大統領が述べたと考えると、辻褄が合うのではないかと思う。

4月15日以降、キューバ、ジンバブエ、シリアの首脳に金正恩委員長がメッセージを送っていること、4月26日の労働新聞には、三池淵市の整備を支援した勤労者らに金正恩委員長が感謝を送ったとの報道があること、4月27日の労働新聞には、元山葛麻海岸観光地区の建設を支援した全国の勤労者らに金正恩委員長が感謝を送ったとの報道もあることなど、動静を伝える報道が続いていることも、傍証にはなる。

表に顔を出していないことから、脳死状態を隠蔽するためにこうした報道が行われているのではないかとの話もあるが、本気で隠蔽するつもりなら、「替え玉」を表に出す工作を行うのではないか。

回復する見込みがあることから、敢えて「替え玉」を登場させるような小細工をしない選択肢を選んでいるのではないかと、自分には感じられる。

現在流れている情報から確度が高い流れを考えると、このような感じではないのかと、とりあえず推論してみた。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWashington Examinerの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/i-think-it-was-a-fake-report-trump-claims-report-about-kim-jong-uns-health-concern-was-false
ネタ元のDaily NKの記事
https://dailynk.jp/archives/131231

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武徳…

  3. 未分類

    「陰謀論」動画がSNSから削除される! 問われる言論の自由!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「プ…

  4. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  2. 経済

    EUが欧州中央銀行にデジタル通貨発行を促す! FBのリブラや中国のデジタル人民元…
  3. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)
PAGE TOP