未分類

金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

朝鮮労働党の金正恩委員長がすでに脳死状態になっているのではないかとの観測が広く流れ、そのような情報が流れていることについて、私もFacebookで情報を流した。

相矛盾する情報が様々に流れている中ではあるが、金正恩委員長の心臓に異変があり、緊急手術を受けなければならなくなるほどに重篤化したのは事実としても、脳死状態に至ったという可能性は低いのではないかと考えている。

一番の根拠は、トランプ大統領が重篤説を報じたCNNの報道について、「あれはCNNがやらかしたフェイクニュースじゃないのか」(I think it was a fake report done by CNN)、「奴らは古い資料を使ったんだ」(they used old documents)と述べていることだ。

「古い資料」というのは、金正恩委員長が体に異変が生じて緊急手術を受けるほど重篤な状態に陥ったという内容の情報のことを言っていて、その後に回復過程に戻ったという内容がCNNの報道には入っていないので、不完全で「フェイクだ」と、トランプ大統領が述べたと考えると、辻褄が合うのではないかと思う。

4月15日以降、キューバ、ジンバブエ、シリアの首脳に金正恩委員長がメッセージを送っていること、4月26日の労働新聞には、三池淵市の整備を支援した勤労者らに金正恩委員長が感謝を送ったとの報道があること、4月27日の労働新聞には、元山葛麻海岸観光地区の建設を支援した全国の勤労者らに金正恩委員長が感謝を送ったとの報道もあることなど、動静を伝える報道が続いていることも、傍証にはなる。

表に顔を出していないことから、脳死状態を隠蔽するためにこうした報道が行われているのではないかとの話もあるが、本気で隠蔽するつもりなら、「替え玉」を表に出す工作を行うのではないか。

回復する見込みがあることから、敢えて「替え玉」を登場させるような小細工をしない選択肢を選んでいるのではないかと、自分には感じられる。

現在流れている情報から確度が高い流れを考えると、このような感じではないのかと、とりあえず推論してみた。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWashington Examinerの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/i-think-it-was-a-fake-report-trump-claims-report-about-kim-jong-uns-health-concern-was-false
ネタ元のDaily NKの記事
https://dailynk.jp/archives/131231

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!超リ…

  2. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします! E…

  3. 未分類

    香港もウイグルも問題視しない! バイデン大統領が明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!参議…

  5. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!月刊…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港民主活動家の黄之鋒氏が、米議会内の公聴会で「香港人権・民主法案」の制定を促す…
  4. 人権・民主主義

    中国では携帯の購入時に顔認証が義務化へ! 中国政府はそこまで追い込まれている?(…
  5. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
PAGE TOP